みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS スミレシリーズその4   マキノスミレ

<<   作成日時 : 2010/04/13 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 16

画像








   マキノスミレの花の色は、私のケイタイではどうしても実物に近い色が出ないので

   今回の画像はすべてデジカメでの撮影である。

   サイズがやや大きいので、スムースに画面が動かないと思うがご容赦いただきたい。




   
画像









   マキノスミレの特徴は、ホソバスミレという別名があるように

   細くてピンと立った細長い葉にある。

   花の色は赤紫色なのだが、どちらかというとビンク味が強く、個体によって濃淡がある。

   花は小ぶりで全体がほっそりとしたものが典型である。

   距はやや長い。

   下の画像は花の標準的なもの(左画像)と色の濃い個体である。




   画像画像



























   花期は3月下旬から4月中旬くらいが普通だが、雪国などでは5月の上旬頃に咲く。

   どちらかというと、スミレの中では花期は早い方である。

   青森県から兵庫県にかけて分布するが、分布の中心は東日本で

   北国や雪国で多く見られるスミレである。

   マキノスミレはシハイスミレの変種なので、中部地方から近畿地方では

   両種の中間型が良く見られる。

   マキノスミレともシハイスミレとも呼んでもよいような、はっきりしない形のものも多い。




   
画像









   上の画像の株はマキノスミレなのだが、ややシハイスミレに近い形のものである。

   シハイスミレは葉の幅が広く、葉の裏は濃い紫色をしている。

   マキノスミレは葉がピンと直立する特徴のほかに、葉の裏を見ると下の左画像のように、緑色か、うっすらと

   紫をおびる程度なので、葉裏を見ても区別することができる。

   また花の咲いている頃の葉は、下右画像のように、葉の基部が渦巻状になっていることが多い。




   画像画像















   





   
画像











   上の画像もマキノスミレの葉裏である。株によってはこのくらいの色がついている場合もあるが

   細くとがった葉の形からマキノスミレと判断する。

   マキノスミレとシハイスミレはかなり融通を持って見て欲しい。



   生える場所は山地の落葉樹林下に多い。

   まだ落ち葉がカサコサと乾燥した音をたてる頃に、マキノスミレを訪ねる早春の山歩きは

   春らしい陽射しを実感できる時でもある。




   
画像



















   撮影は2010年3月31日  愛知県武豊町で

   クリックすると大きくなりますが、さらに拡大するとパソコンの画面からはみ出します。
   細部を確認する場合は、それもいいかも。

   画像の無断使用を厳禁します。



   15日からしばらく留守にします。植物観察会の講師やら取材やらで、5月のゴールデンウィーク過ぎまで
   たぶんパソコンにタッチできないと思います。貧乏暇なしの写真家ですから、この季節は稼ぎ時なのです。

   コメント等が遅くなると思いますが、ご了承ください。スミレ類はかなりの種類を見てくる予定ですので
   今後に期待してください。





   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
佐渡へのお出掛けも含めて行ってらっしゃいーーー
(^^)/~
で、σ(^^;)はマキノスミレもシハイスミレも見たこと無いのでその内見れる事を期待して「ガッテン」「ガッテン」「ガッテン」
とボタンを押しておこう。
(。_o)\★バキッ
アライグマ
2010/04/13 23:15
みかんさん、おはようございます。

明日からの長旅、どうぞお気をつけて・・・。

デジカメで撮られた美しいマキノスミレ、惚れ惚れと拝見しております。
解説を読んでridge_line さんたちとの、スミレ散策の古い山道で見つけたマキノスミレともシハイスミレともつかない固体。
葉がしっかり立っているし、後ろは少しだけ茶色い、けれど葉はそれほど細くない。
う〜む、シハイかなマキノかなと思って眺めたものがあります。
4段目の画像を見て、こんな感じだなぁと。
融通をつけてみる固体のようです。

よくわかる解説で助かっております。
せめて自分のフィールド内にあるスミレだけでもしっかり同定できるようになりたいと思っています。

こちらの地方はシハイスミレや八グロシハイスミレを見かけますが、マキノらしきものは今回見たのが初めてでした。
こちらにもまれにあるとは聞いていたのですが。
さなえ(花の庵)
2010/04/14 06:40
アライグマさん おはようございます。
マキノスミレ新潟で見たことないですか? 春先には新潟では比較的よく見かけるスミレなんだけど・・・・・。
明日からいよいよ花三昧の日々が始まります。楽しんできます。おすそ分け期待していてね。
みかん
2010/04/14 08:17
さなえさん おはようございます。
こちらは今日も風がピュービュー、この春の天気は一体どうなっているのでしょう。

ところでスミレ図鑑のさなえさんが撮られたハグロシハイスミレ、とても魅力的な画像ですね。いつかあのような個体を見てみたいものです。
四国や九州では、シハイスミレはかなり安定した形質を保っていて、マキノスミレとまぎらわしいようなものは出てこないのですが、近畿地方から中部地方にかけては中間的な個体が多いですね。ですから、極端な言い方をするならば、マキノでもシハイでも良い、ということになります。ですが、葉裏の色と葉の幅、葉の開出具合によってマキノ型かシハイ型かは区別することができます。
みかん
2010/04/14 08:31
みかんさん こちらこそはじめまして!
流石!デジカメで撮られたマキノスミレ美しいですね!こちらでもマキノ・
シハイ・はっきりしないものが多く何時も悩んでいます。今みかんさんの詳しい解説を観て少し解ったような気がしますが、いざキレイなスミレに出会うと
撮影に夢中になり全体の立ち姿・詳しい細部をそっちのけにしてしまいます。
有難う御座いました。みかんさんには植物(野草)図鑑をとおしてしか存じませんがこれからも宜しくお願いします。
まさ
2010/04/14 10:51
まささん 今晩は。
そちらもいよいよ春の花が多くなってきたことと思います。これからの季節、撮影に出るのが楽しみですね。
どうぞ今後ともよろしくお付き合いください。私は明日からしばらくは佐渡に居ります。
みかん
2010/04/14 19:39
いってらっしゃいませ。
自分が行くわけではないのに,わくわくします。

マキノスミレの葉っぱのクルクルがかわいくて,ツボです。
マキノスミレもシハイスミレも無い千葉より,道中の安全祈願をしています。
はるこ
2010/04/14 19:59
みかんさん、こんばんは。
明日から佐渡へいらっしゃるのですね。いってらっしゃいませ。
お土産のお花が楽しみです。♪
マキノスミレは分布で決められることもあるのですね。
私の住む三重県は典型的なシハイスミレと中間的なシハイスミレが混在しています。
みかんさんの仰るマキノスミレの条件がぴったりのスミレがあり私はマキノスミレと思っていました。
でも、三重県にはマキノスミレはないので中間的なシハイスミレとご指摘を受けがっかりしています。(^^;)
アザミの歌
2010/04/14 21:50
 みかんさん、こんばんは。わかりやすい解説をありがとうございます。
 群馬ではいわゆるシハイスミレの典型的なものはあまり見られず?、マキノスミレとの区別がもう一つよく分かりません。今回のみかんさんの記事はとても参考になりました。あと僅かの期間ですが、身近なところでも探してみようと思います。
ペン
2010/04/15 22:32
すみれシリーズ、楽しみに読ませていただいてます。
今頃は、佐渡ですね。
昨年のゴールデンウィークに佐渡を訪ね、もう少し早い時期に訪れたかったと思いました。正に今頃です。金北山の山中を道に迷いながら1日歩いたのは、楽しい思い出です。
「今後に期待してください。」とのコメント。楽しみです。
れい
2010/04/15 23:37
みかんさん こんばんは〜

毎回楽しみに拝見しています
スミレは苦手な植物なので、分かりやすい解説に今年は見分けられるスミレが増えて楽しいです
マキノスミレは九州では見られそうにないですね
でもシハイスミレに、本当にそっくりですね
先日シハイスミレの群落に出会いました
一番下のマキノスミレの写真とそっくりなシハイスミレのブーケが沢山ありました
ただ、葉は横に寝ていたので、やっぱりシハイスミレだ〜とちょっとガッカリでした(笑)
いっしい
2010/04/18 22:13
はるこさん こんにちは。
佐渡からは無事に帰ってきましたが、明日からは長野県の菅平です。
お土産画像はどっさりですが、整理が追いつきません。
いずれゆっくりと。
みかん
2010/04/28 14:09
アザミの歌さん こんにちは。
三重県ですとマキノスミレもあるような気がします。
既成概念にとらわれない方が良いと思います。
新しい発見は常に疑うことからはじまります。植物はともかく多型ですから。
みかん
2010/04/28 14:13
ペンさん こんにちは。
さすがに群馬ではシハイスミレを探すのは無理のような気がします。
いよいよ明日から連休がはじまりますが、ペンさんはどちらにお出かけですか。
私は明日の午前中は群馬県で撮影しています。
みかん
2010/04/28 14:16
れいさん こんにちは。
今年の佐渡は異常に残雪が多く、まだ積雪が2〜3メートルもあります。
この連休に佐渡の山を訪ねる人達はビックリすることでしょう。
例年より花期は2〜3週間も送れています。
みかん
2010/04/28 14:21
いっしいさん こんにちは。
さすがに九州ではマキノスミレを見るのは無理ですね。
スミレは地域性が大きいですから、その土地独特のものが見られます。
とは言え、ないものねだりは、やはり花好きの常でしょうか。
素敵な連休となると良いですね。
みかん
2010/04/28 14:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
スミレシリーズその4   マキノスミレ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる