みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS     ニオイタチツボスミレ

<<   作成日時 : 2010/03/17 19:43   >>

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 19

画像







   花にかすかな香りがあるところからの名前である。

   香りは時に強く匂い立つこともあるが、咲いている花に顔を近づけないと感じられないほどの

   わずかな香りである。

   だから、人によってはこの花の匂いを感じ取れない、という人もいる。

   エイザンスミレのような強い香りではない。




   
画像








   花は3月から咲くが、最盛期は3月下旬から4月にかけてである。

   北海道から鹿児島県の屋久島まで分布し、華やかなスミレなので良く親しまれている。

   5枚ある花びらのうち、いちばん下にある花びらを唇弁(しんべん)というが

   この部分が白く抜けたようになるので、花を1輪だけ見ても

   すぐにニオイタチツボスミレであることがわかる。

   また花柄にびっしりと白い微毛が生えるのも特徴である。




   画像画像























   3日前に歩いたばかりだが、きょうもまたお気に入りの里山を歩いてきた。

   あまりにも良い天気だったので、ついつい・・・・・。

   今の季節の3日は、花のステージの違いが大きい。

   案の定、ニオイタチツボスミレの花の数はどっと増えていた。

   風は結構あるのだが、つい1週間ほど前まではあった冷たさが

   すっかり消えていた。




   
画像







   田んぼの土手に腰をおろしてお弁当を広げる。

   トレーナー1枚だけなのだが、陽射しがとても気持ちいい。

   何より風が冷たくないのだ。

   気温もかなり上がっているようだ。

   そのせいだろうか、きょうはビロードツリアブを何度も見た。

   ホバーリングしながら、スミレの花の中に長い口吻を差し込む。

   花の数の増加とともに、小さな昆虫の姿も良く見るようになった。




   
画像









   撮影は2010年3月17日と3月14日  愛知県武豊町で

   画像はクリックすると大きくなります。大きな画面でも楽しんでくださいね。

   1枚目の画像のみデジカメ、2枚目以降はケイタイで撮っています。





   きょうのオマケ画像


   画像画像




















   オオジシバリ(左画像) とコオニタビラコ(右画像)です。

   春先は何故か黄色の花が多いですね。



   

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は (´o`)ハア〜〜
風邪の方はますます盛んと言うか何と言うか。(TヘT;)
σ(^^;)は「臭い」に類する物は敏感なんですが
「香り」に類する物には鈍感なんです。
エイザンスミレを飽きるほど見ているのに香りに気がついたことはなかったです。
ニオイタチツボに良く似ているのは見るのですが「これがニオイタチツボだ」と言うのには出くわしたことがない
(TヘT;)
アライグマ
2010/03/17 20:00
アライグマさん 今晩は。
早いですね。こちらがビックリです。まだ風邪が抜けませんか。きっとパソコンにかじりついてるからですよ。
得意な臭いも風邪では感じないのでは、ムフフ・・・・。でもスミレの匂いは良い香りですよ。今度は是非花に鼻をくっつけてみてください。三浦半島には花茎が無毛で葉に光沢があるハマニオイタチツボスミレというのがあります。正式には発表されていませんけどね。
みかん
2010/03/17 20:26
 みかんさん、こんばんは
ご心配かけた打撲はなんとかよくなりました。

「すみれ」は数種類しかわからないのですがそのうちの
一つがニオイタチツボスミレです いつも腹ばいになって
匂い嗅ぐのですが一度だけほのかな甘い香りに納得
したことがありました。 またいろんな「すみれ」を
ご紹介ください。
風太
2010/03/17 23:46
みかんさん、皆さんこんばんは。
スミレ類は中々、難しくて・・・・。
地元にあるスミレはわかるのですが、ニオイタチツボスミレはまだ出会ったことがありません。
香りはよく確かめる方ですが・・・・・。

こちらは3月になって、寒さがぶり返しです。他の草花もぼちぼちです。
今日はショキングな事があったので、少し、虚しさを感じています。

昨年からの事件がまだ〜ほとんどの情報がわからないままなので、未解決にはなって欲しくないですが。

又、春の草花を楽しみにしております。
かげろう
2010/03/18 03:00
風太さん こんにちは。
色々なスミレが咲き出してきましたね。昨日だけでも4種類のスミレの花を見ました。そちらも山の麓では色々な花が咲き出してきたようですね。日本のスミレは全種類撮影しましたが、みかんは、やはり身近にある普通種が好きです。
みかん
2010/03/18 13:21
かげろうさん こんにちは。
スミレは種類が多いですから、日本に自生する種類を全部見ることは、普通の人には先ず無理だと思います。日本のスミレ全種を撮影しているのは、私といがり君くらいでしょ、多分。撮影はだいぶ前に終わっているのですが、私の「スミレ図鑑」は依然宙に浮いたままです。もう著者が3回も変わって、出版社の姿勢も困ったものです。すみません、つい愚痴が・・・・。

ところで盗掘の問題も困ったものですね。地域限定の植物は特に狙われやすいですから、他県ナンバーの車には、一応注意を払って声をかけた、かげろうさんの姿勢は間違ってはいなかったと思います。盗掘の気持ちがなければ、食ってかかるようなこともないと思います。
ただ本当に花が好きで他県から見に行かれる方もいると思いますので、やはり言葉のかけ方には細心の注意を払われたほうが良いと思います。
みかん
2010/03/18 13:44
初めて 寄せていただきます。 私先日 ヒメスミレを取り上げました。ニオイタチツボスミレはまだ見ておりません。も少し暖かくなれば探しに行くつもりです。特徴も教えていただいたので わかると思います。紫のニオイタチツボスミレが見事です。
shuuter
2010/03/18 13:58
shuuterさん こんにちは。
ようこそお越しくださいました。歓迎します。
これからは日ごとに暖かさが増して、スミレの類も数が増えてゆくことと思います。枯れ草の中に咲いているヒメスミレ、拝見してきました。可愛いですね。どうぞこれからも遊びにきてください。今後もよろしくお付き合いください。
みかん
2010/03/18 14:41
みかんさん こんばんわ
ニオイタチツボスミレ、最近、見ていなかったので懐かしいような気がします。紫色が鮮やかで歩いていても気がつくことが多いですね。ついつい鼻をくっつけて確かめてしまいます。
庭では最近の暖かさでタチツボスミレが咲き出しました。いよいよスミレのシーズン到来です。楽しみです。
人士
2010/03/18 19:31
人士さん 今晩は。
いよいよスミレのシーズン到来ですね。我が家から距離にして300メートルほどのところのお宅の、舗装道路の割れ目に毎年見事なスミレの群落が出現します。今年も早くも花を咲かせはじめました。明日は天気も良さそうなので、行ってみようと思います。
みかん
2010/03/18 23:06
みかんさん、こんばんは。
ニオイタチツボスミレは好きなスミレの一つです。
初めて出あったとき周りに甘い香りが漂っていて香りに近づくとそこにニオイタチツボスミレがありました。
帰って調べて初めてニオイタチツボスミレの存在を知りました。
もう20年ぐらい前のことです。(^^)
純粋のニオイタチツボスミレは花もパステルカラーのように鮮やかで香りも強いですね。
雑種になるとニオイタチツボスミレの姿はしていますが香りは薄く感じます。
今年も出会いましたが、初めて出あったときの香りは無かったです。
齢とともに臭覚が鈍感になったのかもしれません。(笑)
アザミの歌
2010/03/18 23:59
みかんさん、こんばんは!
フクジュソウの件では、大変お騒がせ致しました。
ありがとうございましたm(- -)m

ニオイタチツボスミレ、私も大好きです。
初めて出会った時、香水のよう強い香りがしたので“ニオイ”という名前に納得でした。もう一度あの香りを確かめたいと、出会うたびに鼻を近づけてみますが、その後はほとんど匂いを感じません。
何だか、アザミの歌さんと似てますね(^^ゞ
咲き始めだけが匂うのか、それともお天気が関係しているのかと、いつも不思議に思っていましたが個体差なのですね!!←年齢のせいではなくそういうことにしておきましょう(笑)

昨日はヒメスミレに出会いました。外を歩くのが楽しみな季節になりましたね(^-^)


fu-co
2010/03/19 20:44
みかんさん、こんばんは。
fu-koさん、お名前は他サイトで拝見したりいHPにお伺いもしています。(^^)
ほんとにfu-koさんとよく似ていますね。(^^)
昨年は6畳ぐらいの広さに絨毯を引き詰めたように群生しているニオイタチツボスミレに出会ったのですが、香りが一面にむんむんするぐらい漂っていました。♪
香りは齢のせいではなく個体差の生だと私も思うことにいたします。(笑)
アザミの歌
2010/03/19 23:20
アザミの歌さん 今晩は。
私より多くココを見ていてくれるようで嬉しいです。
今日も撮影に出ていました。散歩がてらだったのでケイタイだけを持って、結構な距離を歩いて、今日は新しいコースを見つけました。
ニオイタチツボスミレの香りは年齢は関係ないと思います。やはりタイミングとか個体差とか色々あって、香りの強い時間帯にうまくめぐり合うと印象に強く残るのだと思います。
みかん
2010/03/19 23:51
fu-coさん 今晩は。
私はわずか数行のコメントでも、人がらが感じられると思っています。ネットの世界のマナーというのは、まだまだ成熟していませんから、色々なことが起ります。自分の気持ちが相手に通じない、というのは辛いですね。ひどい書き込みで傷ついたこととお察しします。私はあえて承知であのような強い口調で書きましたが、私自身も後味の良いものではありませんでした。コメントをする場合、その人の他のブログを読めば、どのような気持ちで自然と対峙しているかはわかるはずだと思うのですが・・・・。
相手の表情が見えず、文字の羅列だけでは、思わぬ誤解を招くこともあるかも知れません。細やかな心配りはしたいものだと感じました。

fu-coさんの好きなスミレの季節が到来しましたね。これから忙しくなることと思います。今まで以上の画像を期待しています。
みかん
2010/03/20 00:17
みかんさん、こんばんは。

ニオイタチツボスミレを始めてみた時、ふっくらとして色気のあるスミレさんだなと思いました。
やはりかすかに香りました。

好きなスミレですが、残念ながら、こちらはあまり個体数が多くありません。
さなえ(花の庵)
2010/03/20 19:45
こんばんわ
今日、近くの薬用植物園へ行ってきたのですがニオイスミレの花が咲いていました。ニオイタチツボスミレと同じような甘い香りがしました。確かこんな香りだったと懐かしく思いました。
その看板に、「香りは気温、湿度が高い時に強く香る。感じ方は個人差がある。」と書いてありました。ニオイタチツボスミレの話ではありませんが、一般的な話として、花の香り成分の発散は気温と湿度に関係ありそうです。
シュンランやトサミズキの花が満開でした。
人士
2010/03/20 20:42
さなえさん 今晩は。
スミレは地域によって見られる種類がかなり変わりますね。知多半島はどこにでもあるタチツボスミレが見られません。そのかわりニオイタチツボスミレは多いですね。さなえさんの所では良く見られるナガハシスミレなどは、やはり日本海側でないと、見ることの難しいスミレです。地域性があるのもスミレの面白いところだと思います。
みかん
2010/03/20 21:56
人士さん 今晩は。
みかんは植物園は好きですが、冬でもないと訪れることは少ないですね。
ニオイスミレはかなり昔から日本で栽培されていますから、植物園にも栽培されているのでしょうね。昔は小さなスミレのブーケが花屋さんで売られていて、その花束はニオイスミレでした。やはり香りが強いから使われたのでしょうが、最近は見かけなくなりました。
香りは気温と湿度、なんとなくわかるような気がします。
みかん
2010/03/20 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
    ニオイタチツボスミレ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる