みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅花薫風   ウメ  その2

<<   作成日時 : 2010/02/27 02:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

画像







   各地で梅祭りが行われているようである。

   南北に長い日本列島ではあるが、梅の開花に合わせて行われる梅祭りは

   2月に行うところが圧倒的に多いようである。

   月の初めから開催する地もあれば、これからのところもあるだろう。

   開花の早い種類もあれば、モモが咲く頃になって花開く晩生の種類もある。

   いずれにしても、観梅というのは寒い季節の行事である。

   桜のお花見とは、多いに趣を異にする。




   
画像







   ウメの栽培の歴史は古い。

   中国からもたらされたウメは白梅だったが、花を観賞するという目的が加わって

   やがて紅梅が作り出される。

   文献にはじめて紅梅が現れるのは「続日本後紀」(869年)である。

   白梅の中からほのかに赤味のあるものを選び

   気の遠くなるような年月をかけて、徐々に花の色の濃いものへと選別を重ねていったのであろう。

   紅梅が登場するまでに実に100年以上もかかっているのである。




   画像画像






















      寒紅梅(かんこうばい)

   上の画像は2枚とも紅梅の代表的な品種{寒紅梅}である。

   はじめて作られた紅梅は、たぶんこれほど濃い色ではなかったであろう。

   ウメを分類する場合、花の色によって白梅系と紅梅系に分けたり

   また果実を利用するための実梅系と花を観賞するための花梅系に分けたりもする。

   最近では、野生種に近い野梅性、花が赤い紅梅性、耐寒性が強い豊後性、薬用にも利用する杏性、の

   4体系に分けるのが一般的な分類のようである。

   ここではいくつか紅梅系の花を紹介しよう。




   画像画像






















            鹿児島紅(かごしまべに)

   人間の欲望というものは、果てしがないものである。

   より赤く、より濃く、といった欲求がどんどんとエスカレートして、

   これほど強い紅梅が生まれた。一見するとどぎついほどの緋色である。

   鹿児島紅(かごしまべに) という品種である。

   八重咲きの中輪で、花の色が濃紅色でオシベの花糸まで赤いのが特徴。

   園芸種だが、このように濃い色のものを緋梅系に分けることもある。




   
画像





                            世界の図(せかいのず)

   私も今回はじめて知った園芸品種。花を観賞するために作られたものである。

   花は淡紅色で大輪。早咲きの種類である。




   画像画像











          










          

          道知辺(みちしるべ)

   花は大輪の一重。

   昔、よく街道筋に植えられていて、旅人の道標の役目を持っていたのでこう呼ばれるようになったとか。




   
画像






                          曙(あけぼの)

   花の色を夜明けの色に例えてこの名がある。

   実梅の園芸品種。

   花は大輪で一重。花期はやや遅い。




   画像画像
























   紅千鳥(べにちどり)

   オシベがよく弁化するので、その状態を千鳥が飛ぶ姿に見立ててこの名がついた。

   左のアップ画像や右画像の上の花でその様子がわかる。

   いわば一種の奇形なのだが、園芸界ではこのような変り種を珍重する傾向があり

   梅の園芸品種が盛んに作出された頃には、特に有難がったようである。

   あくまで奇形なので、ある程度この形質は安定しているものの、オシベが全く弁化しない花も混じる。






   いくつか紅梅の品種をお目にかけたが、梅園や植物園などに行けば

   もっとたくさんの種類を見ることができるであろう。

   陽射しが春の気配を帯び、だいぶ暖かくなってきたので

   運動不足解消も兼ねて、観梅と洒落込むのも悪くないかもしれない。




   画像画像

























   ウメは白梅にかぎると思っていたが、こうして眺めて見ると

   紅梅もなかなか味わい深いものがある。

   好み、と言ってしまえばそれまでだが、やはり甲乙つけがたい。

   ところで上の2枚の画像だが、気がついただろうか。

   どちらも白梅だが、少し雰囲気が違う。

   左が最も多く見かける普通の白梅、右はその青軸である。

   花を裏側から見てみよう。




   画像画像


























   白梅の萼は普通左画像のように赤いが、青軸では萼の色も緑色をしている。

   青軸というのは普通の花で言うと白花みたいなものである。

   白梅なのに白花とはおかしな言い方だが、普通の白梅は枝の色も赤味がかるが

   青軸では萼の色が緑色になるだけではなく、枝の色も緑色をしている。

   青軸にもいくつかの品種がある。




   画像画像


























   ウメはその高潔な美しさを君子に例えて、四君子のひとつに数えられている。

   寒さをものともせず、凛として咲くそのたたずまいは

   むべなるかな、である。

   ちなみに四君子とは 梅 菊 蘭 竹 の四つである。











   はじめてこのブログにたどり着いた方は、ウメその1 も合わせてお読みください。

   多少雑学が増えるかも知れません。

   画像はクリックすると大きくなります。

   撮影は愛知県半田市で 2010年2月24日
        愛知県知多市で 2010年2月21日
       三重県いなべ市で 2010年2月21日

   このブログの画像はすべてケイタイカメラで撮っています。



   

   



   




   















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ウメの花を見に、時々梅林に行きますが、さまざまな品種については無頓着で、漠然と、きれいだなと見ていました。
そういえば、昨年に京都の北野天満宮に行ったときは、いろいろな種類があったっけ。
あすは、奈良の賀名生(あのう)梅林へ行く予定です。
賀名生は、南北朝時代、南朝が吉野からさらに落ち延びた山里で、急斜面に広がる梅林が見事です。お気に入りの場所で、もう、数回訪れています。
ほととぎ
2010/02/27 23:26
追伸:
思ったより天気が悪いし、開花状況もまだ咲き始め〜5部咲きらしいので、賀名生梅林は来週に延期しました。
ほととぎ
2010/02/28 05:57
ほととぎさん 今晩は。
折角のお休みなのに残念でしたね。賀名生梅林は景観的にも素敵な所のようですね。来週は満開になっているかも知れませんが、梅のほかにも色々な植物が楽しめそうな感じですね。ブログで拝見できるのを楽しみにしています。
みかん
2010/02/28 23:32
みかんさん、こんばんわ
近所を歩くときなど白梅があると青軸を探しているのですがないものですね。その代わりというと変ですがしだれ梅が時々あります。「しだれ」というのは人の手で増やされてきたのでしょうね。ん、接木?
人士
2010/03/01 17:31
ブログ玉、ありがとうございます。
とても素敵なブログですね。
もうツクシ出て居たのですか?
こちらは、やっと・・・梅が咲き始めました。
ハイジママ
2010/03/02 10:19
そういえば・・・私、違うサイトでのHN、みかんの花咲く丘の少女、というの使って居ました〜〜よろしくね。
ハイジママ
2010/03/02 10:21
人士さん おはようございます。
青軸近くでは見つかりませんか。青軸の品種はやや遅咲きの傾向があります。
きっとどこかで目にすることができると思います。
きょうネットのブログを見ていたら、県内に素敵なしだれ梅の梅林があることを知りました。来年は是非とも訪ねてみようと思います。
みかん
2010/03/02 10:32
ハイジママさん ようこそお越しくださいました。
みかんというHNを使っている方が、植物関係のサイトで私の他にもいるようです。HNから考えると女性と勘違いする人が多いようなのですが、あいにく私は男性です。アハハ
みかんという名前は、私が可愛がっていた愛猫からとったものです。その猫も昨年亡くなりましたが。これを縁に時々は遊びにきてください。コメント多いに歓迎します。
みかん
2010/03/02 10:42
みかんさん、こんばんわ
青軸ですが、今日、ようやく見つけました。
その青軸の白梅は普段の散歩コースから見えてはいたのですが、一緒に植えてある紅梅の陰に隠れているような感じだったので近くまで行って確認しなかったのです。かなりまじめに探していたのでやったぁーという感じです。

人士
2010/03/05 18:50
人士さん 今晩は。
ついに青軸を見つけましたか。よかったですね。
やはり自分が探していたものが見つかった時は、思わずバンザイとか、ヤッターと叫びたくなりますよね。
いよいよ春も慌しく動き出したようで、昨日この画像の青軸を撮った場所に行ってみましたら、もうほとんどが終わりかけでした。ツクシがびっくりするくらいニョキニョキと出ていました。
みかん
2010/03/06 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅花薫風   ウメ  その2 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる