みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS タイキンギク

<<   作成日時 : 2009/12/23 14:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

画像







   南北に長い日本列島は、今の季節、場所によって大きな差がある季節である。

   日本海側や北海道などでは、すっぽりと雪に覆われているようだが

   今の季節に野生の花が咲いている場所もあるのである。

   タイキンギクは11月から12月にかけてが花の季節である。

   和歌山県の南部と四国の高知県だけに分布するが、自生地ではかなり広範囲に分布している。

   どちらも生えるのは海が近い崖などである。

   どちらの地域も雪が降ることは滅多にない温暖な地域である。

   加えて沿海地の土手などは意外と暖かい場所である。

   そんな場所に垂れ下がるように生える。

   野菊なのだが、タイキンギクはキク科キオン属なので、葉の形などがキク属とは随分と違っている。




   画像画像



























   葉は左画像のような長三角形をしている。

   キクの葉のようには見えないが、花を見ると右画像のように明らかにキクの花である。

   黄色の花を金に見立てて、びっしりと咲くその姿を、金が降り積もったようだと堆金菊と名付けたのである。

   茎はツルのようになり、他の植物に寄りかかりながら生長し、花の頃は垂れ下がっている。

   タイキンギクは2メートル近く長く伸びることにもよるが、自力で直立していることはない。

   周りの植物に寄りかかるようにして伸び、花の頃はその重みで垂れ下がって咲いている。

   枝分かれも多く多数のつぼみをつけるので、花の頃はとてもよく目立つ。

   車で走っていても遠くからタイキンギクであることがわかる。




   
画像











   斜面を黄金色に染めて咲くタイキンギクは、別名をユキミギクとも言う。

   雪の降る頃に花を咲かせることからの別名だが

   雪の降ることは滅多にない温暖な地域に生えることや、その鮮やかな黄色から

   やはりタイキンギクという名前がぴったりの

   冬の花である。

















   撮影は2009年11月27日 高知県土佐市の海岸で。

   画像はクリックすると大きくなります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
花のアップの写真だけ見ると素人のσ(^^;)にはツワブキにしか見えません。
葉や全体を見ると全然違いますね。
ヽ(´ー`)ノ
しかも「でかい」。(/||| ̄▽)/
アライグマ
2009/12/23 15:52
実は、つい先日、岡山出張を利用して室戸を一周してきました。
その日はちょうど高知でも積雪予想が出されていたのでまさに
「雪見菊」が撮れるとひそかに期待していたのですが、夜明け
とともに僅かに積もった雪は朝露となってしまいました。

ところでこのタキキンギク、これまで何度も撮影機会があった
のですが、ど〜しても気に入った写真が撮れません><
海岸の崖にしだれる姿を何とかしたいと思うのですが・・・。
また来年の宿題としておきます。
すや
2009/12/23 22:27
 和歌山、高知ときたら「そはやき要素」が
アタマをよぎりまして・・・
ひょっとしたらと思いましたが九州には無いようですね
ザンネン。
風太
2009/12/24 01:41
アライグマさん 今晩は。
タイキンギクはツワブキの花のように大きくはないのよ。ノコンギクよりひと回り小さい感じ、でもびっしりと咲くので、とても良く目立ちます。茎をたどれば2メートルくらいはあるのだけど、「でかい」と言うイメージはないですね。
みかん
2009/12/24 17:03
すやさん 今晩は。
室戸ではまだアゼトウナが花盛りだったのではないですか。私は11月の28日に室戸岬で大判カレンダーの撮影をしていました。テーマは波しぶきが砕ける磯に咲くアゼトウナでした。しばらく高知で撮影していたのですが、最後の最後になって、室戸でイメージするような写真が撮れました。
タイキンギクに限らず、海辺に咲く野菊は、みんな海の方向に向かって咲いているので、なかなか海と一緒に写すことは難しいですね。ノジギクでもそんな風景を狙ったのですが、やはり思うようにはいきませんでした。
みかん
2009/12/24 17:13
風太さん 今晩は。
残念ながらタイキンギクは「そはやき要素」の植物ではないのですよ。なんでこんな飛び離れた分布をするのか不思議ですが、紀伊半島でも四国でも、決して少ないものではなく、かなり頻繁に見受けられます。どちらも海辺の同じような環境に生えています。
みかん
2009/12/24 17:18
みかんさん、こんにちは。

こちらはもうすっかり花がなく、ところどころに私がカラカラと呼んでいる花跡が残るばかりです。

鮮やかな黄色のタイキンギクも自生地でないためもちろん見たことはありませんが、このような花が垂れて海の崖のようなところに咲いていたら見事でしょうねぇ。
ノコンギクよりひとまわりも小さいとなると、かなり小さい花が寄り集まっているのですね。
頭の中で想像をめぐらしつつ画像を拝見しています。
土佐には行ったことがありますが、この花の時期ではなかったようです。

こんな花が満開な地域とカラカラだけの地域(笑)日本列島長いです。

先日、何の気なしにみかんさんのブログコンテンツより写真教室を覗いていましたらyasukoさんのお元気なコメントを見つけ、なんだか瞼が熱くなりました。
さなえ(花の庵)
2009/12/26 14:59
さなえさん 今晩は。
クリスマスも終わって、いよいよ押し迫ってきましたね。腰の具合はかなり良くなったのでしょうか。さなえさんはこれから大仕事が待っていますから、気合を入れて最後の生け込み、頑張ってくださいネ。

yasukoさんは軽快なフットワークの人でしたから、いきなり、今、愛知県にいます。などというメールがケイタイに入って、いつもビックリさせられました。私の友人が、女子高生並みのケイタイの早打ち、と驚くほどケイタイのメールの名手でした。その場で撮影した画像をすぐに送ってきたり、今でもメールが来るのでは、と、ふと錯覚することがあります。
yasukoさんのお気に入りの角島を、隅から隅まで案内してもらったことなど、もう過ぎ去った遠い過去のこととなってしまいました。方向音痴のyasukoさんでしたから、一人で天国のお花畑をウロウロしているのでは、と気にもなっています。
みかん
2009/12/26 23:48
 みかんさん、こんにちは。

 タイキンギクを見たのはもう10年以上前でしょうか。高知県の海岸沿いでした。地元の方に案内していただいたので、ピンポイントで見ることができましたが、写真は……でした。また、見に行ってみたいものです。11月下旬の高知県の花々はとても魅力的です。
 カレンダー届きました。どれも素晴らしい写真ですが、背景の山々を効果的に入れたクサタチバナや、雪を背後にしたフキノトウが素敵です。今年こそ、印象に残るような写真を撮ってみたいです。
ペン
2009/12/28 22:38
ペンさん 今晩は。
いよいよ今年もあと3日だけになってしまいました。今年もやり残しが出てしまいそうな気配です。時間の経つのが早すぎます。今年も高知へは2回ほど足を運びました。晩秋の高知は何回訪ねても花が多いことに驚きます。

カレンダー買っていただいたようで、ありがとうございます。自分としては珍しく印刷の上がりに満足しています。自分の意図した所を感じてくれる人が多いのは嬉しいことです。ありがとうございました。
みかん
2009/12/29 01:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイキンギク みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる