みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋久島花のダイジェスト   こんな花も咲いていました

<<   作成日時 : 2009/12/15 19:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像画像


























   サキシマフヨウは11月になっても随所で花盛りであった。

   山から降りてくるとあちこちでこの花に出会う。

   何度もカメラを向けているのだが、ついついカメラを向けてしまう。

   花の少ない季節だけに、余計に目立つのである。




   画像画像




























   寒さに向かって、これから花の数を増してゆくものもある。

   冬の花として生垣などでもお馴染みのサザンカである。

   野生の一重の白いサザンカは、園芸種のような派手さはないが、しっとりとして清楚である。

   木によってはびっしりと花を咲かせて、遠くからでも白く見えるほど多数の花を咲かせる。

   大きな木では、木の下を通りながら気が付かないこともある。

   はらはらと散る花びらの一片で、サザンカの存在に気が付くことも多い。




   
画像











   リュウキュウルリミノキも冬に向かって花を咲かせる木のひとつである。

   この木はあまり大きくならない。

   普通は1メートルほど、大きくなっても2メートルほどの常緑低木。

   白い花の後には瑠璃色の果実を結ぶのでルリミノキの名前がある。

   12月頃からだと、輝くようなその果実も見ることができる。

   花びらの中に白い毛がびっしりと生えているので

   グリーンの幹の色とともに特異な存在である。




   画像画像

























   秋から冬に向かう季節には、何故か白い花を咲かせるものが多い。

   屋久島には野菊の類は少ないが、最近になって新しい名前が付いたトカラノギクもそのひとつである。

   染色体数が8倍体だという。画像のものは葉裏に銀色の毛が多く、どちらかというと

   サツマノギクに近い形のものである。

   この野菊は海岸から離れて、人里近くの畑の隅などに生えているが、どこにでも生えているものではなく

   限られた場所に見られるだけにすぎない。




   画像画像






















   冬に向かって咲く花もあれば、とうに花期はすぎているのだが、まだ咲き残っている花もある。

   ハシカンボクの花期は普通7〜9月である。

   だが、屋久島では10月でもよく花を見かける。

   もう咲いてはいないだろうと思っていたが、上の画像のように、まだまだ綺麗な花の株もあった。

   道路脇に生えて草刈りにあったものなどは、11月に入っても上の画像のように

   綺麗な花を咲かせているものもある。

   ノボタン科だけに、花は小輪ながら人目をひく。




   画像画像


























   屋久島と聞くと多くの人は自然が豊かな原生林を想像するかも知れない。

   だが、屋久島には多くの帰化植物が侵入してきている。

   黄色い花を咲かせるマメ科のコガネタヌキマメもそのひとつ。

   屋久島や沖縄などでは畑の隅や原野などで見かける。

   大きくなるだけになかなか見事である。

   山から降りてきて、里近くになって、確かこの辺りにあるはずだが、と探すと

   期待に答えるように花を咲かせていた。

   季節的には花の終盤だけに、近くにはこんな大きな果実も実っていた。




   
画像











   今から10年ほど前に、この種子を採ってきて、我が家のプランターに蒔いてみた。

   そしたら見事に育って3年ほどは毎年こぼれダネから花を咲かせていたが、いつの間にか

   消えてしまった。

   帰化植物には常に消長がある。

   最近屋久島では見かけることが少なくなったのがアゲラタム(カッコアザミ)である。

   かつては畑一面が霞んで見えるほど繁茂していたこの植物も、最近では路傍などで

   たまに見かけるだけになった。

   花の色は画像のような薄紫と白い花がある。




   画像画像

























   見た目とは裏腹に、なんとも素敵な匂いを漂わす花もある。

   ショウロウクサギである。

   私はこの花の香りが大好きである。

   ヤマユリの香りをずっと淡くして、品良くした感じの、まさに芳香である。

   出会うと枝を引き寄せて、何度も香りを嗅いでしまう。

   11月ともなると、さすがに花の数は少なくなる。

   それだけに余計にいとおしい。




   画像画像

























   屋久島を歩いていると自生の花だけではなく、色々なものに目が止まる。

   青空を背景に畑で育っているヤシ類

   民家の庭先で満開になっている真っ赤なマルバビスカスなどは、知識がなければ

   みんなしぼんでしまった花のように見える。

   右下の画像のマルバビスカスは、これが花の満開の姿なのである。




   画像画像
























   キョロキョロ、ウロウロ、私の好奇心はいつもとどまる所を知らない。

   植物があるところなら、どこでも楽しいのである。

   気のむくままにあちらにこちらに、とケイタイを向ける。

   パシャパシャ、カシャカシャ、電池のある限りケイタイのシャッター音は止まらない。

   まだまだ、色々なものを写したが、キリがないのでこの辺でお開きにしたい。

   考えて見ればこの旅は、ヤクシマノギクとシダの撮影がメインの旅だった。

   最後にシダの画像をお目にかけて、屋久島の最後としたい。




   画像画像
























   上の左画像は、ちよっと面白い生態のシダ、ヒモヅルである。(絶滅危惧植物)

   右画像は屋久島ならどこでもバサバサと茂っているウラジロである。














   画像はクリックすると大きくなります。大きな画面でも楽しんでください。

   撮影はすべて携帯電話についているカメラで撮っています。

   鹿児島県の屋久島全域で2009年11月11日から14日の間に撮影しています。




   



      

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん、こんばんは。

こちらは朝から霙がふり、雪に変わりそうな気配です。
ここはなんとたくさんの花が咲き乱れていることか。
世界地図の中では、小さな一点にしか過ぎない日本も広いものだなぁとしみじみ感じます。

はんなりとした色気を漂わせるサキシマフヨウ。
清楚なトカラノギクはリュウノウギクにも似た雰囲気の野菊ですね。
ハシカンボクの小さな花も、まだまだ艶やかで、センダイハギかと思った
コガネタヌキマメは薄紫のタヌキマメとは雰囲気が違いますねぇ〜。

萎んでしまったように見えるマルバビスカスも面白い形のヒモヅル
目を丸くして見せてもらいました。

腰の方はかなり良くなりました。ありがとうございます。
さなえ(花の庵)
2009/12/16 19:11
さなえさん こんにちは。

12月も半分をすぎて、いよいよ慌しくなりますね。私は今年のもろもろはすべて消化して、これからは自分のことだけに没頭できそうです。慌しい年末ですが、何の予定もない自分だけの時間と言うのは嬉しいものです。自由な時間があると、あれもしたいこれもしたい、が多くて、結局中途半端に終わりそうですが、この大切な時間、たまには映画館での映画もいいかな、なんて考えています。
さなえさんのブログで紹介していただいたお陰で、昨日、おとといとアクセス数がぐんと伸びました。初めて訪れてくれた方が多かったようです。ありがとうございました。
みかん
2009/12/17 10:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
屋久島花のダイジェスト   こんな花も咲いていました みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる