みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カザグルマ

<<   作成日時 : 2009/05/24 17:16   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

















   カザグルマは北海道と沖縄をのぞく日本全土に分布する。

   里近くの湿地や小川のほとりなどに生えるツル植物である。

   花の直径が10センチほどもある大きな花を咲かせるので、とてもよく目立つ。

   花の色には白と紫色があり、地域によって白だけだったり、紫色だけだったり

   その両方の色が見られたり、と様々である。

   花が咲くとよく目立つため掘り取られたり、切られたりの被害に遭うほか

   湿地の埋め立てや道路工事、ダム建設などによって、自生地は少なくなる一方である。

   かつては、どこでも見られたこの花に、明らかな危険信号がともりはじめている。

   絶滅危惧植物に指定され、ランクはVUである。



   
画像









   山の斜面からチョロチョロと水がにじみ出すような林縁では、ツルを伸ばして藪を作る。

   4月から5月頃にかけて、遠目にもそれとわかるほどの大きな花を咲かせる。

   絡みつく手頃な木があると、ツルは相当高くまで這い登り、あたかも木に花が咲いているような状態になる。

   つぼみが付くのは、今年伸びた枝の先である。

   小さなつぼみは長い花柄を伸ばし、みるみるうちにほころんでゆく。




   画像











   
画像





   画像























   花びらは普通8枚だが、5枚のものや6枚のもの、7枚のものなど、またそれ以上の枚数のものもある。

   花びら状の萼片の形も、先がとがるもの、丸みがあるもの、細いもの、幅が広いものなど、様々なものが

   あるので、園芸マニアに狙われる要因にもなっている。

   花が終わると綿帽子のような果実となり、この実もキラキラと輝いてなかなか美しい。

   種子の発芽率は極めて良いが、自然界の中では、花を咲かせられるまでの株になるものは少ない。




   画像画像
























   上の画像は花びらが(萼片)が6枚のものと、8枚のものである。

   どちらも花びらの先端は丸みがあるので、園芸種のクレマチスのようである。

   カザグルマはクレマチスの母種にあたるもので、学名はClematis patens(クレマチス パテンス)である。

   patensとは開出するとか、広がる、という意味で、日本名のカザグルマも、花が大きく広がって咲く様子を

   風車に見立てたものである。

   江戸時代にはカザグルマを元に、大きな園芸ブームが起きて色々な品種が作られたが、今に伝わる品種は

   少ない。園芸種の多くは花びらが紫色のものが多く、より色を濃く、オシベが弁花したものなどが珍重された。

   第二次大戦後に日本で作出された白王冠は、濃い紫色と白いオシベとのコントラストが鮮やかな、ヨーロッパ

   でも人気のある代表的なクレマチスのひとつである。




   画像画像

























   この日訪れた岐阜県のある場所では、人家周辺の湿地や田んぼの端、山の中の小川のほとりなど

   随所でカザグルマが花盛りだった。

   一見すると乾燥したように見える場所でも、近づいて見ると足元に水が滲みだすような湿地だった。

   遠くから見て素敵だな、と思い近づくと、花びらが風で痛んでいるものも多かった。

   曇りがちだったこの日、そろそろ帰ろうか、と身支度をしていると、雲間からサーッと光りが射しはじめた。

   ドキッとして足を停める。

   音もない小さな流れのほとりに、今日いちばんといえる見事なカザグルマを見つけたのである。

   折りしも斜めから射しこんだ太陽の光りに、その一叢のカザグルマの花はキラキラと輝いていた。

   なんだか呼び止められたような気がして、私は夢中でその花にカメラを向けた。




   
画像




















   画像はクリックすると大きくなります。

   撮影は2009年5月19日 岐阜県中津川市周辺で。


   オマケ画像

   他にもこんな花が咲いていましたよ。

   左、ベニドウダン(ツツジ科)  右、カキツバタ(アヤメ科)


   画像画像

   

   


   

   

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
良い物を見せていただきました。ヽ(´ー`)ノ
昔、植物に興味を持ち始めた頃、横浜のある場所で土手にカザグルマを見つけました。その後その道は台風で崩れて修復されないまま。
何せ超初心者の頃(今もそうだ)だったのであれは本当にカザグルマだったかどうかも????
(´o`)ハア〜〜
アライグマ
2009/05/24 20:30
みかんさん、こんばんは!
カザグルマって豪華な花ですね〜!!
園芸店で売られている色とりどりのクレマチスも綺麗だとは思いますが、心が揺れ動くほどの感動はありません。
こんな見事なカザグルマを前にしたら、どんなにか感動するだろうと想像しながら読ませていただきました。

先日、所沢市で開催された「バラとガーデニングショー」を覗いてきました。
それぞれのガーデナーが作ったご自慢の庭はとても見ごたえがあったのですが、少し気になることも…
よりナチュラルな庭を追求するあまり、中にはチョウジソウやハナシノブなど自然界ではなかなか出会えないような貴重な花が植えられた作品があり、ギョッとしてしまいました。
園芸用に改良されたものかもしれませんが、なんだかね〜といった印象でした。
カザグルマもやはり自然の中で出会ってみたいものです!!
fu-co
2009/05/24 20:54
アライグマさん 毎度どうも。

アライグマさんの記憶は正しいですよ。昔は横浜にも自生のカザグルマが川の土手に咲いていました。私が逗子市に住んでいる頃ですから、もう15年以上も昔の話しですが、確かに咲いておりました。私が撮影したその数年後には、見られなくなったと聞きました。
今では付近は住宅地になっていると思います。
みかん
2009/05/24 21:46
fu-coさん 今晩は。

カザグルマは見ごたえのある豪華な花です。この写真を撮影した岐阜県の中津川から、旧蛭川村一帯はまだまだ沢山のカザグルマを見ることができます。隠れた名泉などもありますから、恵那山に登った帰りにでも立ち寄ることをお薦めします。カザグルマの季節には随所で、雪が降り積もったように真っ白く咲くナンジャモンジャも花盛りです。もう少しすればササユリも咲き出します。
近場ではお気に入りの場所のひとつです。
みかん
2009/05/24 21:57
カザグルマはこちらではなかなか見られません。
こんな立派な花が見られるのならちょっと遠くても行って見たいですね。
恵那山も良く聞く山ですが、厳しい山でしょうか。
やまそだち
2009/05/25 08:05
いろいろな花弁(萼片)のカザグルマを見せていただき,楽しみました。
我が家の近くではせいぜい20花くらいしか咲いていませんので,バラエティはありません。
それでも,うれしいものです。
谷津田越しに,向こうの崖地に咲く白い星形の花々を見るだけでもニコニコしちゃいます。
谷津田の環境が今後も残されますように,と祈りながら。

はるこ
2009/05/27 15:18
やまそだちさん 今晩は。
豊橋の葦毛湿原などでもカザグルマは見られますが、湿原は立ち入り禁止ですから、すぐ近くに寄って撮影することが難しいですね。中津川周辺は個体数が多いこともありますが、田んぼの側の湿地など、すぐ目の前で咲いているので撮影しやすいですよ。恵那山は残念ながら、私もまだ頂上までは登っておりません。
みかん
2009/05/27 20:27
はるこさん 今晩は。
谷津田に点々と咲くカザグルマ、それがごく普通に目にすることができた少し前までの日本の風景だったのでしょうね。
昨日は四国の高知県の山の中で撮影していましたが、蛇紋岩地のせいか、チョロチョロと流れる水辺には、カザグルマが茂っておりました。狭い山間に開けた段々畑の水田のほとりです。ここでは、花期は5月の上旬頃が盛りなので、もう花は1輪も残ってはいませんでしたがね。
谷津田に咲くカザグルマ、いつまでも残っていて欲しいものです。
みかん
2009/05/27 20:37
みかんさん、こんばんは。
先日は山藤のこと、有難うございました。素人の私には藤の花が違うなぁぁ・・ということしかわかりませんでした。

先日、郡内の某所まで出かけました〜郡内にカタクリの自生があるということでしたので、花は終わっていましたが来春の為に場所を確認しようとと思いまして・・・・その途中に白いカザグルマらしきものが、人家の側で絡まっていました〜時期的にはもう終わりかけていましたが。

その他には、隣県の方向へ行けば見れるようですが、中々、出かけることが出来ません。いつかは出会えることを楽しみにします。
かげろう
2009/05/28 03:39
かげろうさん こんにちは。
カタクリの自生ですか、来春が楽しみですね。
今年は伊吹山で咲きはじめのカタクリを見ただけで、大群落にお目にかからないうちに初夏になってしまいました。まだ高い山に登れば群落が見られる所もありますが、今年は無理そうです。
カザグルマは見事な花ですから、どこかで出会えると良いですね。
みかん
2009/05/28 11:27
こんばんは。清水がチョロチョロしている小さな池のほとりに咲いた大きな8枚の大きなはな、なんだろうと不思議でしかたがありませんでした。ようやくミカンさんの花日記に会い、その花こそ「カザグルマ」であると分かりました高原に自生しているので大切にしていきます。有り難うございました。山野草を探すのがとても楽しいです。
ミックン
2010/06/09 23:41
ミックンさん はじめまして
ようこそお越しくださいました。山菜をはじめ、自然を多いに楽しんでおられるようですね。カザグルマの自生地は少なくなる一方なので、どうぞ知っている自生地大切にしてくださいね。このブログは自然の植物を色々な方向から紹介しています。どうぞまた遊びにいらしてください。
みかん
2010/06/10 09:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
カザグルマ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる