みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS コガネネコノメソウ

<<   作成日時 : 2009/03/26 01:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 20

画像







   四角の箱の中に収まったような可愛らしい花だが、小さいので遠くから眺めるとただ黄色に見えるだけ。

   だが思い切り花に近づいて見ると、ご覧のようになんとも可愛い。

   日本の特産種である。

   ネコノメソウ属は北半球の温帯から寒帯に広く分布し、約60種が知られている。

   東アジアとヒマラヤ地域にそのほとんどが分布し、日本には15種ほどが知られている。

   ネコノメソウ属の属名 Chrysosplenium(クリソスプレニウム)とはギリシャ語のクリソス(金の)とスプレン(脾臓)

   との合成語で、基本となった花の色がコガネネコノメソウのように黄色だったことに由来する。

   またこの草が脾臓の病気を治す薬草として使われたことからの名前である。

   
画像







   ネコノメソウに共通している生育地は湿り気の多い場所である。

   その多くは沢筋などの水辺、しぶきがかかるような場所に好んで生える。

   上の画像も水がわずかに滲んでいる沢の源流である。

   ネコノメソウの類はみな草丈が低いので、上から眺めているとわかりにくいが、葉が対生しているか、互生して

   いるかが重要で、この特徴で大きく二分される。

   ちなみにコガネネコノメソウの葉は対生である。

   対生というのは植物用語で、葉が茎の同じ位置から左右に出る形のことをいう。

   互生は葉が互い違いに出ることをさす。

   
画像






   ネコノメソウには花弁がなく、4枚の萼片と普通8本のオシベがある。

   コガネネコノメソウの箱のように見える黄色い部分は萼片なのである。

   ネコノメソウの仲間の花は、白く見えたり黄色く見えたり、黄緑色に見えたりするが、それらはみんな花弁では

   なく萼片や苞葉が色づいて、花のように見えているのである。

   コガネネコノメソウの分布は狭義にとらえれば関東地方以西、四国、九州だが、

   茎に白毛がびっしりと生え、全体が大きいオオコガネネコノメを同種と考えると、本州、四国、九州ということに

   なる。ここで紹介した3枚の画像はコガネネコノメソウだが、オオコガネネコノメソウとははっきり区別できるが

   ネコノメソウを専門に研究しているある学者は、この二つを分けない見解をとっている。

   種を大きくとらえた場合、コガネネコノメソウは朝鮮半島や中国にも分布する。

   私は中国の山西省五台山でChrysospleniumを花の時に見ているが、キラキラと黄金のように輝くそれは

   日本のコガネネコノメソウと同種とは、とても思えなかった。

   クリソス(金の)という形容がぴったりだったのである。

   ちなみに、日本にもそのようなネコノメソウが1種ある。

   北海道の北東部の原野の湿地だけに生えるエゾネコノメソウである。群生こそしないものの

   その花の輝きは、まさに黄金そのものである。











   撮影は2008年4月28日 愛知県面ノ木峠で。
   画像はクリックすると大きくなります。


 ☆☆☆☆☆

   追加画像です。

   写真の枚数が少ない。花はアップでわかるけど、葉が良くわからない。とのお叱りを受けました。
   もう少し画像を追加して、探す人の参考になるようにします。


   画像画像





















   葉は扇形で丸みのある鋸歯が5 〜10個あります。

   左画像をクリックすれば葉の感じがわかりますよね。

   右画像くらいだと全体の雰囲気が伝わりますかね。

   これでわかりますかね、Aさん。




   追加画像は2009年4月3日 群馬県藤岡市で撮影。

   

      

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
面白い

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん、こんばんは。
コガネネコノメソウは小さくて可愛いですね。
黄金色も見てみたいです・・・黄金が落ちてこないかな・・・(笑)

そろそろ、サンインちゃんも開花しているかな・・。
では、又、楽しみにしています。m(__)m
かげろう
2009/03/26 03:39
みかんさん こんにちは。

このコガネネコノメの花は本当に綺麗ですね。私は日光植物園で観たことがあるだけで,自生のものを目にしたことがありませんが,「本当にネコノメソウの仲間?」って思ってしまうくらいでした。

自宅の近くだと筑波山で何種類かのネコノメソウの仲間が自生しています。そろそろ観に行きたいと思っていたところでした。でも,この天候不順なので,すぐに気がくじけてしまいます。(笑)
電脳中年A
2009/03/26 06:18
 みかんさん、おはようございます
コガネネコノメソウかわいいですね 先日こちらではまだ蕾
でした 今日はもう咲いていると思います。

 カスマグサやっぱりありました 県内で見たのは数年ぶり 
時期が少しずれているので見なかったのでした。 
風太
2009/03/26 09:24
どーーーも (^o^)/
国内超有名観光地の長野県のある場所でゴールデンウィークに観光客を尻目に歩き回るとコガネネコノメとオオコガネネコノメが両方ある場所がありますよね。
あそこで考え込んでしまった。
毛の多さだけではσ(^^;)には区別がつかない。
大きさも基本形を知らないので個体差かどうかが判らない。
矢張り判っている人に現場で見せてもらわないと駄目か。
(o_ _)o 〜〜〜
アライグマ
2009/03/26 09:28
かげろうさん おはようございます。

書き込みの時間を見て、いつも大変なんだなぁ、と改めて思いました。あーちゃんのために頑張っているかげろうさん、小柄なのにファイトがいっぱい詰まっているのですね。日を追って春がほころんでいます。野の花が開くように、かげろうさんのご家族にも、幸せがいっぱい来ますように。
みかん
2009/03/26 09:52
電脳中年Aさん おはようございます。

お庭には随分色々な植物があるのですね。ブログを拝見しながらどんなお庭なのか、一度拝見したいなぁ、と思いながらいつも見ています。
みかんがはじめてオオコガネネコノメを見たのは、随分と昔ですが、日光の霧降高原でした。神奈川県にはコガネネコノメソウは少ないのですが、神奈川県植物誌の調査を行っていた時に、わざわざ探しに行ったことがあります。両方を比べると随分差がありました。いずれも可愛い花でしたが。
みかん
2009/03/26 10:02
風太さん おはようございます。

今、沿道3姉妹を見てきた所です。沿道と豌豆、うまく引っ掛けましたね。座布団2枚ですね。あはは。
こちらではコガネも咲き出したという情報がありました。じつは、きょう面ノ木峠に行くつもりをしていたのですが、天気予報が曇りで、オマケに寒さがぶり返しているので中止にしたら、なんと朝から晴天です。晴れ男なんだから、出かければ良かったと、反省しきりです。
みかん
2009/03/26 10:10
アライグマさん いつもどーーーーも。

みかんは同所的に2種が生えているのは見たことがありません。
ネコノメソウの類は、数種類が同じ場所に混生していることも多いので、コガネとオオコガネが混生していてもおかしくはないですね。両方が一緒に生えていれば見分けやすいのでは。
でも、ネコノメソウの研究者が同一のもの、と考えるくらいですから、両種は同一線上に並ぶものかも知れません。
ネコノメソウの図鑑を作りたくて、昨年は京都のヤマシロネコノメと岐阜のトウノウネコノメの撮影に行ってきました。比較的最近に発表された仲間です。
みかん
2009/03/26 10:20
みかんさん、こんにちは。

いつもわかりやすい説明でありがたいと思いながら拝見しております。
ネコノメソウは、華やかでは有りませんが、なんとなく惹かれる植物です。

コガネネコノメソウは、アップで見せていただくと愛らしいですね。

私も今日、サンインシロカネソウとサンインネコノメソウが棲んでいる
>沢筋などの水辺、しぶきがかかるような場所に好んで生える
に行ってきました。

あいにく雪模様でしたが、どちらも盛り。
嬉しかったです。

花の庵サイトにスミレのお届けありがとうございました。
私自身にも、そして見ていただく方にも、見やすいコンテンツにしたいと思います。
これからスミレのシーズンになり楽しみが増えました。
さなえ(花の庵)
2009/03/26 15:47
さなえさん こんにちは。
寒の戻りで、あちこちで雪が舞っているようですね。でも植物は正直ですから春を察知して、色々な花が咲きだしています。
昨日は午後からレンゲの花を見に行ってきました。スミレも4種類見られました。また画像お持ちしますね。
みかん
2009/03/27 12:16
コガネネコノメソウとオオコガネネコノメの違いに気がついたの数年前ですが、はっきり分ったのは昨年でした。
大型で毛深いコガネネコノメソウだな思っていたのがオオコガネネコノメソウでした。
前の写真を調べて見ると、群馬県で見ていたものがオオコガネネコノメソウでした。
やまそだち
2009/03/28 19:04
コガネネコノメソウとオオコガネネコノメソウを同一にするという学者氏に賛成!
あまり細かく分けてもらいたくないです。
キラキラ輝くChrysosplenium・・・みたいですね。
aoikesi
2009/03/29 10:21
みかんさん、こんにちは。
ネコノメソウ属は日本でも15種もあるのですか、はぁ〜〜
また悩ましい季節がやってきましたね(^^ゞ
ホクリク、ボタン、イワボタンなどは遭遇しても自信が持てもせんが、ハナネコノメやコガネネコノメは比較的分かりやすいので好きです(笑)
…と思っていたらオオコガネネコノメというのも存在するのですか?
ますます、手に負えなくなりそうです(~_~;)

コガネネコノメソウは奥多摩周辺でも見かける機会があるので、今の一番は何といっても“キバナハナネコノメ”でも、そう簡単には会えそうにないですね〜
数年前、雑誌で見て以来ずっと憧れています。
fu-co
2009/03/30 14:04
こんばんは。
コガネネコノメソウ、四角の花がとても可愛いです。
黄金色で目立つようですが、まだ出会ったことがありません・・。
鮮やかな黄色いコガネネコノメソウ、お行儀良く並んで咲いていますね♪

先日、裏高尾ではヤマネコノメの果実が割れて小さな種子が見られました。
コガネネコノメソウに出会うのを楽しみにしています。

2009/03/31 23:09
やまそだちさん 今晩は。

久し振りに我が家に戻ったら、桜が満開です。
追加画像は群馬県での今年の撮影ですが、コガネネコノメソウです。軽井沢あたりではオオコガネネコノメソウを撮影しています。群馬県には両方がありますね。
みかん
2009/04/06 19:03
aoikesiさん 今晩は。

あまり細かく分けない方がわかりやすいですよね。
みかんも分類は大雑把な方に賛成なのですが、コガネネコノメソウとオオコガネネコノメソウはかなり違って見えますよ。

みかん
2009/04/06 19:07
fu-coさん 今晩は

花がいっぱいの季節になってきましたね。天気が良いと心ウキウキです。
明日はキバナハナネコノメに会いに行ってきます。
《数年前、雑誌で見て以来ずっと憧れています。》って私が書いた原稿と写真かな。あの場所に行ってきます。分布は愛知、静岡ですが、量はそれほど多くないのと、ハナネコノメほど目立ちません。 
みかん
2009/04/06 19:16
杏さん 今晩は。

コガネネコノメソウは咲いていれば良く目立ちます。
どこかで会えるとよいですね。
花は最盛期にはかなり黄色いですが、盛りをすぎてくると緑色が強くなってきます。果実が熟すと猫の目ようになって割れるのは共通しています。
みかん
2009/04/06 19:23
どうやら区別が出来ないσ(^^;)はオオコガネしか見ていないようです。
そりゃーー区別できんはずだ。(^^;★\(-.-;)
ピッキオの図鑑で見ていたのでコガネネコノメもてっきり同じ場所だと勘違いしていて「全然違いが判らん」と悩んでいたようだーーー。
(´o`)ハア〜〜
アライグマ
2009/04/06 23:55
アライグマさん おはようございます。

そりゃ無理だわ。達人でも・・・・アハハ。昨日もネコノメソウを色々見てきましたが、コガネはまだまだ固いつぼみでした。標高の高いブナ林下でしたから。
みかん
2009/04/08 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
コガネネコノメソウ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる