みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ソメイヨシノ

<<   作成日時 : 2009/03/21 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 13

画像







   各地から桜の開花宣言が届くようになった。

   開花宣言が出されると、それから1週間ほど後に桜は満開を迎える。

   気象庁から毎年発表される桜の開花宣言は、春の風物詩、花見の宴を計画している人たちも多いことだろう。

   この気象庁が発表する桜の開花宣言に使われる桜がソメイヨシノである。

   各地に基準となる標本木がある。東京ならば靖国神社境内にその標本木がある。

   開花予想はつぼみの重さを量って、それで予測する。

   開花宣言は気象庁の職員が双眼鏡などを使って目視し、花が開いているものが5輪以上あると開花、という

   ことになる。

   2009年3月21日、東京の桜の開花宣言が出された。

   今年は例年より開花宣言が早かった。暖かかった2月が多いに影響しているだろう。

   桜の代表とも言えるこのソメイヨシノ。歴史は意外と浅いのである。

   画像画像
























   江戸時代の末、所は江戸の染井村にその起源がある。

   現在の地名で言うと、東京都豊島区巣鴨のあたりである。

   染井村は江戸市中に出荷する園芸物が多数作られていた。朝顔市のアサガオ、鬼灯市のホオズキ、

   夏の風鈴と共に吊り下げるシノブ、などなど、江戸の祭りには欠かすことのできない園芸植物の大生産地だっ

   たのである。その染井村に植木屋を営む伊藤伊兵衛政武がいた。

   研究熱心な政武は色々なことを試みる。そしてついに新種の桜を作り出したのである。

   江戸時代から奈良の吉野山は桜の名所として有名で、その名は江戸市中まで鳴り響いていた。

   政武は新しく作り出した桜に、奈良の吉野山にちなんで「吉野桜」の名をつけて売りに出す。だが思うようには

   売り上げが伸びない。それもそのはず、吉野山の桜はヤマザクラ、江戸でも浅草あたりまで足をのばせば、

   ヤマザクラは普通に見られたからである。

   商売上手な政武は一計を案じ、「吉野桜」を、染井村の名をとって「染井吉野」と名前を変えた。するとこれが

   大当たりとなって、たちまち江戸市中へと広まっていったのである。

   これがソメイヨシノの起源だと言われている。


   
画像






   ソメイヨシノは成長が早く、葉が出る前に枝もたわわに花を咲かせるところから、その人気はうなぎのぼりで

   明治以降、日本全国にまたたく間に広がった。特に学校の庭に広く植樹されたところから、より多くの人が

   馴染みの深い木となっていくのである。

   桜が満開の下で校門をくぐり、桜が散る頃に学び舎を巣立ってゆく。

   パッと咲いて、パッと散る、そのいさぎよさも日本人の心情に合っているのかも知れない。

   桜を国花と定めている日本、誰もがサクラが満開になる日を待ち望んでいる。

   画像画像























   ところで、このソメイヨシノ、いったい何から生まれたのだろうか。

   その謎に挑んだ植物学者がいる。

   中国でパンダを発見したり、屋久島の屋久杉の巨大な切り株にその名を残すアーネスト・ヘンリー・ウィルソン

   である。ウィルソンは1916年にソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの雑種である、と発表した。

   そのことを確認するために、国立遺伝学研究所の竹中 要は交配実験を行った。

   その結果、オオシマザクラとエドヒガンの掛け合わせの中から、ソメイヨシノと同じものや、それに近いものが

   現れたのである。

   最近のDNAの解析結果では、さらに進んだことがわかってきている。

   ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガン系の品種コマツオトメとの雑種であろうと類推されている。

   現在交雑実験が行われている。

   画像画像
























   お花見と言えば桜、サクラと言えばソメイヨシノ、というほどに誰からも親しまれているが、

   ソメイヨシノには欠点もある。

   寿命が短いのである。長くても100年、普通は60年から70年が樹の寿命とされている。

   テングス病に弱いのも難点である。

   「桜切るバカ、梅切らぬバカ」 という諺もあるように、枝を切るとテングス病に冒されやすくなる。
 
   だが、テングス病に冒された箒状の枝の部分は、切除しなければならない。

   画像




画像


















   あと10日もすれば爛漫の春がやってくる。

   花の命は短い。

   惜しげもなく花吹雪となって散る前に、今年も存分に桜咲く春を楽しもう。

   開花してから寒さが戻りそうなので、今年は花の寿命がいくぶん長いかも知れない。




















   撮影は2008年4月はじめ、滋賀県養老町と愛知県半田市で。

   画像はクリックすると大きくなります。

   この撮影を行った我が家の近くの桜並木もそろそろ色づいてきました。

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
この時期になると,雑木林に分け入って,ヤマザクラはまだかな,と,地面を見ながら歩きます。散り落ちている花弁が咲き具合を示してくれますが,花自体ははるか上の方なので,首が痛くなるほど見上げたり,遠くから眺めるだけになりますが!
ソメイヨシノの次,ヤマザクラやオオシマザクラのお写真も楽しみにしています。
はるこ
2009/03/22 18:17
はるこさん 今晩は。
いよいよ春到来ですね。今月末からまたしばらく撮影に出ます。
ブログは野生植物だけと思っていたのですが、例外としてソメイヨシノを。やはり日本人なんですね。桜の開花宣言には何故かウキウキ、ドンチャン騒ぎのお花見とは無縁ですが、山の中で静かに咲くサクラは大好きです。

ヤマザクラやオオシマザクラ、フィルムなら山ほどあるのですが、携帯では撮っていません。今度心がけておきますね。
みかん
2009/03/22 19:11
この3連休、島根、若狭、自宅の近所(宝塚)と、あちこちで、数輪咲き始めたソメイヨシノを見ました。来週には、お花見シーズンが始まりそうです。
ブログの写真は、去年の桜ですか?今年は、まだ、こんなに咲いてないですよね。
ほんとうに、ソメイヨシノは多いですね。川沿いに、満開のソメイヨシノが連なって咲いているを見ると、日本の春っていいなあ、って思う瞬間です。
でも、華やかなソメイヨシノもいいですが、山の中にしっとりと咲くヤマザクラの方が好きかも。
ほととぎ
2009/03/22 23:34
ほととぎさん おはようございます。
風は強いですが、きょうは良く晴れています。これでソメイヨシノの開花もまた進みますね。ブログのいちばん下にも書いているように、画像は昨年のものです。でも、こんな風に満開になるのもすぐですね。3日見ぬ間の桜哉、とは
言いえて妙です。
みかんもヤマザクラの方が、はるかに好きです。
みかん
2009/03/23 09:17
すみません、一番下の3行を読み飛ばしていました。
その上の4行で本文は終わったと思って、コメントまで一気にスクロールしてしまったようです。空白数行の後に、もう3行あったのですね。
ほととぎ
2009/03/23 20:34
みかんさん、こんばんは。
いよいよ花見の季節がやってきますね!
折りしも、今日のテレビでソメイヨシノの親はオオシマザクラとエドヒガンだと説明していましたので“フムフム”だったのですが、最近の研究はさらに進んでいるのですね(^^;
満開のソメイヨシノ楽しみです。

先日、珍しく六本木まで出かける用事ができ、都会が苦手な私は早く帰りたい一心でした。そんな中、ある和菓子店に桜の生け花が飾られていました。天上に届きそうな大木ばかりを使った作品は見事で多分有名な方の作品と思われます。
聞けば9種類の桜を使っているとのことでした。
その中では真っ白のオオシマザクラが一番美しく感じました。

山歩きで出会う桜を識別できるようになりたいのですが、なかなか難しいです。
fu-co
2009/03/23 21:10
みかんさん、皆さん、こんばんは。
今年はヤマザクラも咲きだしました〜ドライブが楽しいです。
安全運転には気をつけないと・・・。

家族みんな風邪と仲良しになって・・・この季節、気候の変動が激しいので、
お身体をご自愛ください(今は相棒が・・・)

みかんさんもお気をつけくださいね。月末にはお出かけだそうで・・。
かげろう
2009/03/23 22:09
fu-coさん おはようございます。
きょうはこちらは風もなく、とても良い天気です。桜も一気に咲き進みそうです。六本木の和菓子店、喫茶も併設していませんか。ひょっとすると、みかんがもう何十年と使っているプロラボの近くの店かも知れません。
オオシマザクラは花も大きく、ひときわ目立ちますからね。それにオオシマザクラの葉は、桜餅を包む葉としても利用しますから、和菓子店にはぴったりかも。
山歩きで出会う桜では、みかんはオオヤマザクラが大好きです。それと夏に出会うチシマザクラやミネザクラが好きですね。
みかん
2009/03/24 08:59
かげろうさん おはようございます。
ヤマザクラが咲き始めると、ほんとに春が来たことが実感できますね。
「山笑う」わずか1週間ほどの季節は、ほんとに心がウキウキします。少しずつ標高の高い場所や、北国に移動すると、何度も山笑う季節に出会えるのが、とても嬉しいです。写欲が湧くのもこの季節です。
みかん
2009/03/24 09:06
みかんさん、こんばんは。
六本木和菓子店は、2年前にオープンしたビルの中にあります。
>喫茶も併設していませんか。
先ほど、ネット検索したら喫茶もあるようですね。
桜の生け花を丹念に見学させていただいた上に、色々説明もしていただいたのでそのまま出る訳にもいかず“何か買わなきゃ…”と焦り、羊羹を一本買いました。なので、喫茶室は自分の目で確認する余裕がなかったのでありまする(笑)「お上りさん」丸出しです(^^ゞ
たまに都心に出るとホント疲れます。

ミネザクラは私も好きです!!っていうか、なんとか識別できます(笑)
fu-co
2009/03/24 23:21
fu-koさん 今晩は。
羊羹は美味しかったですか。山に出かけない日の午後、日本茶を入れて、ゆったりとした時間を過ごすのもいいものです。山小屋のテラスでのコーヒーなんかも優雅な気分にひたれますね。この頃は少し時間がありますので、自分のための時間が作れるようになりました。
みかん
2009/03/25 19:20
蔵王の大山桜の満開に行った昨年は、感激しました。大きな木で上を向いて見て居ると疲れるので、寝転んで青空に映し出された桜を見ながらウトウトしました。白色の山桜で葉っぱが緑のが好きです。又今年も桜を追いかけて東北に出掛けようかな???今日、上野に行って来ましたが、寒さの為、咲けなくなくなって居る3分咲きを見て来ました。でも待ちきれない人達は宴会を初めて居ましたよ。
うなこ
2009/03/26 21:37
うなこさん こんにちは。

昨日は東京でも雪が舞ったとか、咲き始めたソメイヨシノも、ここに来て足踏み状態ですね。花が長く楽しめるのは嬉しいことですが、桜の花の下でのドンチャン騒ぎはいただけません。酒は静かに呑むベかりけり、が観桜にはふさわしいかと、そんな風に思う今日この頃です。
みかん
2009/03/27 12:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソメイヨシノ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる