みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 霜の朝はまたたく間に そして

<<   作成日時 : 2009/01/11 15:49   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像






   比較的暖かな知多半島では、霜の朝を迎えることは少ない。

   雪が降るのは年に数回、霜の朝はそれより回数は多いだろうが、滅多にチャンスはこない。

   加えて、我が家の近くでは被写体になるような雑草もほとんどない。

   おまけに寒いの大嫌いのみかんは、よくよくのことがない限り早起きは苦手

   宵っ張りの朝寝坊タイプだから、ますます霜の朝とは縁遠くなる。

   だが、早朝のわずかな時間を、束の間、別世界へと変えてしまう霜の朝は大好き。

   画像は昨年末、ホントに偶然に出会えた、わずか30分ほどの出来事。

   解けてゆく霜と競争しながら、ともかくシャッターをあわてて押した

   束の間の霜との遭遇、とくとご覧あれ

   画像画像























   場所は隣町のいつもの場所

   みかんのお気に入りの里山である。

   この日は田んぼの泥が必要になって、それを少し貰いに来たのだが

   日陰の一部に霜が降りていたのである。

   さあ大変、撮らなくっちゃ、撮らなくっちゃ、と慌てふためいて右往左往

   
画像







   こんな時はじっくり被写体を探している余裕なんてない。

   ともかくインスピレーションで心に感じたものをバチバチ撮る

   瞬間的にフレーミングするので、カメラマンとしてのセンスが問われる時でもある。

   被写体となる植物名が何か、なんてじっくり見ている時間もない。

   ともかく急ぐことが最優先。

   画像画像





















   霜が降りているのは日陰のごく一部、それが北国や山間部で一面の霜となる違いかも

   それとも我が家から車でここまでくる間に、他の部分は解けてしまったのか

   急がなくっちゃ、解けちゃう、解けちゃう

   そう独り言を言いながら、アッチをうろうろ、コッチをうろうろ

   別に慌てる必要はないのだけれど

   ここで遭ったが100年目の心境

   
画像





   ああ、ダメ、もうダメ、解けちゃった、解けちゃった

   もう霜がほとんどない

   残ねぇ〜ん

   と言いながら最後に撮ったのが下の2枚

   画像画像






















   霜の朝はまたたく間に、この間わずか30分ほど

   撮ったものすべて

   手の内全部をお見せしました。

   普通はたくさん撮ったものの中から、良いものだけを選んで載せるのですが

   たまにはこんな方法も参考になるかと。

   で、肝心の植物名ですがね、上から

          オオアレチノギク(正解度90%ヒメムカシヨモギの可能性もあり)

          2枚ともオランダミミナグサ

          セリ

          2枚ともレンゲ

          ウシハコベ(下のこまかい葉はレンゲ)

          左はコナスビ、右はスズカアザミ

   でした。この日は携帯を持っていませんでした。

   さぁ大変、撮りたいのに、霜が降りているのにケイタイがない。

   どうしよう、困った、霜が降りているなんて夢にも思っていなかった。

   うろたえる私に、相棒が「デジカメが車の中にあるじゃない」の一言、そうでしたデジカメでも写せるのでした。

   ブログはケイタイカメラで、と決めている私は、デジカメのことなんかすっかり忘れていたのです。

   そんな訳で、この霜の葉はすべてデジカメでの撮影でした。




   そして、年が明けた2009年1月5日、恒例の七草摘みにこの田んぼにまたやってきました。

   とても天気の良い日でした。

   セリはどの辺に、ホトケノザはあの田んぼ、ナズナはあそこの土手、などとかって知ったる場所をのんびりと

   散策です。清々しい気持ちになれる正月の七草摘みは、心が豊かになれる楽しい一日なのです。

   数々の花を見つけるのも楽しみのひとつです。

   
画像






   年末に霜に縁取られていたレンゲが、咲き出しています。

   まだやっと咲き出したばかりで、なんだかいじけたようにみえますが、まぎれもなくレンゲの花です。

   毎年1月5日にはどこかで数輪が咲きだしています。

   七草摘みに来て、レンゲの花が見つからないと、なんだか淋しいのです。

   そして今年も見つけました。

   ホッとして、そして嬉しくなって、足取りも軽くなります。

   画像画像























   日当たりの良い場所にはオオジシバリの黄色い花が咲いています。

   コナラの落ち葉を押しのけて、ムラサキカタバミも咲いています。

   田んぼの中にはトキワハゼ、土手にはノゲシ

   結構色々な花が見つかります。

   去年返り咲いていたスミレはどうなったか、見に行くことにしました。

   知多半島では何故かタチツボスミレを見ることはほとんどありません。

   大部分がニオイタチツボスミレなのです。ところがタチツボと違って、ニオイタチツボは滅多に帰り花をみること

   がないのです。なんとか見つけたいものだとあちこち歩き回っていたら、やっと1輪だけ花を見つけました。

   近くにはシハイスミレが花盛りでした。

   そしてハルリンドウがいっぱい咲く土手に来てみたら、なんとフモトスミレも地面にへばりつくようにして

   何輪も咲いていました。

   冬のうちにキレイに草刈りされて、これで今年の春はハルリンドウがまたたくさん咲きます。年末に草ぼうぼう

   だっただけに心配していたのですが、これで一安心です。

   田んぼの土手は侵出してきた笹藪だったのですが、ここも床屋さんが刈りあげたみたいに、キレイにさっぱりと

   なって、今年は目の前でカギカズラの花も写せそうです。

   ニコニコ、シメシメの一日でした。

   画像画像
























   上左画像はフモトスミレ、右画像はシハイスミレですが、良く見るとこのシハイスミレ、すべて奇形花なんです

   よね。気がつきましたか。花弁の数が多いのです。

   きょうも北国や日本海側の地方では大雪となっているようです。

   多雪地方の皆さんには心よりお見舞い申しあげます。

   しばしでも、暖かな気分になっていただけたら幸いです。











   霜の葉は昨年末、花の画像は2009.1.5 愛知県の知多半島で
   画像はクリックすると大きくなります。
   今年撮影した花の画像はすべてケイタイで撮ったものです。
   

   



   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
フモトスミレはなかなか見る機会がありませんが好きな花です。
始めて見たのは葦毛の入り口かな。(*^.^*)
冬でもスミレの花は時々見つかる。
その時は幸せな気持ちになれる。(^▽^*)
オオジシバリも春が近いと感じさせてくれて好きです。
アライグマ
2009/01/11 16:15
アライグマさん 今晩は。
スミレは結構返り咲きが多いですね。こちらではスミレ、フモトスミレ、シハイスミレはたくさんの花が見られます。ニオイタチツボスミレがごく稀に、その他のスミレ類は春にならないと無理のようです。
みかん
2009/01/11 22:53
こんにちは。

今期、初めての冬将軍が先日やってきて、あたり一面真っ白です。
ロゼットの観察に勤しもうと思っていましたが、何もかもが白い雪の下。

みかんさんの地方も霜が少ないのですね。
実は私の生息地もなのですよ。
雪は降るのですけどね。
かっては、もっと降りたように思いますが、どんどん少なくなります。

ほとんどと言うわけでなく、少ないということなので、見るには見られますがその時間に余裕がありません。

文章を読んでいて、私までが、気持ちが急ぎ(笑)撮らなくちゃ撮らなくちゃ(笑)

楽しく読ませていただきました。
さなえ(花の庵)
2009/01/14 15:10
さなえさん こんにちは。
きょう近くを散歩してきました。今年は例年より花の数が多いように感じました。もう在来のタンポポが何輪も咲いていました。イヌノフグリはすでに実になったものがあるし、オオイヌノフグリも例年より花の数が多いような気がします。昼過ぎに曇ると、風が冷たいので早々に帰ってきましたが、やはり温暖化傾向が強いな、と感じた次第です。
みかん
2009/01/14 16:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
霜の朝はまたたく間に そして みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる