みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 花紀行1  晩秋の平戸島

<<   作成日時 : 2008/11/15 15:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
画像
画像




















   11月の声を聞けば、野に咲く花の種類は非常に少なくなる。

   だが、長崎県の平戸島では、この季節ならではの素敵な花々がいくつも咲く。

   なんといってもその代表はイトラッキョウだろう。

   平戸島の固有種である。

   しかも、島のどこにでもある植物ではない。

   限られたいくつかの山に見られるだけの、極めて貴重な植物である。

   この小さなイトラッキョウの花に会うために、何度も何度も平戸島を訪ねている。

   
画像





   葉が糸のように細いので、この名前がある。

   草丈は10〜15センチほどと極めて小さい。

   まるで高山植物のような雰囲気がある可愛い花である。

   水がちょろちょろと流れているような、湿り気のある岩場に生える。

   生えている場所は限られるが、そこには多くの個体がある。

   画像画像




















   だが、毎年この地を訪ねている地元の花仲間は

   随分少なくなったと嘆く。

   花が美しいために掘り取られることも多い、また近年はイノシシが掘り返して荒らしている。

   今年はイトラッキョウとチョウセンノギクの花期が重なった

   そのためこんな2ショットも見られた。

   画像























   白い花がチョウセンノギクである。

   例年だとチョウセンノギクの花の最盛期が終わる頃にイトラッキョウが咲き出す。

   今年は両方の花が同時に見られ、イトラッキョウの咲く岩壁は、遠くから眺めると

   チョウセンノギクが花盛りで白く見えた。

   画像画像






















   チョウセンノギクの頭花は大きい。

   花の直径は3センチほどもある。

   イワギクに含める見解もあるが、葉の形を見ると、イワギクのそれとは明らかに違う。

   遠目にはチョウセンノギクの白ばかりが目立つが、草原には、その他にも様々な花が咲いている。

   
画像






   アキノキリンソウは風当たりが強いせいで、草丈が随分低い。

   高山植物のミヤマアキノキリンソウと変わらない姿をしている。

   オガルカヤやススキの茂る草原は狐色をしているが、その中で、存在感を示すように咲いていた。

   目を凝らしてよく見ると、この草原の中には随分色々な花が見られる。

   ヤマジノギクやムラサキセンブリなどが、逝く秋を惜しむかのように咲いている。

   画像
画像





















   あちらの花、こちらの花へとカメラを向けていると、あっという間に時間が過ぎてゆく。

   平戸島は大きな島なので、北から南まで移動すると、車でもかなりの時間を要する。

   一箇所にとどまっていたのでは、何種類もの花は写せない。

   なので、あちこち移動しながら花を探す。

   だが、晩秋の一日は日暮れも早い。

   ふと気がつけば、ススキの穂を光らせて逆光に輝く海は、静かな凪の夕暮れに染まっていた。

   画像





















   次回 晩秋の平戸島 その2に続く。



   花の種類をたくさん見たい、という意見が多いので、時々はこのような花紀行を不連続に続けます。
   ご意見や感想をお寄せいただけるとありがたいです。

   画像はクリックすると大きくなります。
   大きな画面で平戸の花をお楽しみください。

   撮影はすべて携帯電話についているカメラで撮っています。
   そのため、必ずしも実物に近い色でないものもあります。
   

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん こんばんは〜
遠い遠い平戸島まで、お疲れ様でした
お礼が遅くなりましたが、ご一緒出来て楽しかったです
晩秋の平戸の花を素敵に撮影していただいてありがとうございます
草原にも岩場にも何気なく咲く花ですが、写真で見ると
人の心まで写しているように思えますね
ススキの向うに見える島の風景も素敵ですね
平戸島 その2も楽しみに待っています〜
いっしい
2008/11/15 22:55
 みかんさん、こんばんは
平戸の花 素敵ですね これ以上減らずにいつまでも 
沢山残ってもらいたいものです。

 ありがとうございました。

風太
2008/11/15 23:44
こんばんは!
平戸の花・・イトラッキョウ、チョウセンノギク、ヤマジノギク、ムラサキセンブリ等など、楽しませて頂きました。出かけられないので花紀行は楽しみです。
晩秋の平戸島 その2、楽しみにしています。
かげろう
2008/11/16 01:59
いっしいさん おはようございます。
その節はありがとうございました。何度も訪ねている平戸島ですが、その都度違う表情を見せてくれて、同じ花であっても、表情は全く違います。季節を変えて再訪したいと思います。
みかん
2008/11/16 10:07
風太さん その節はお付き合いいただきありがとうございました。
念願の花にも出会えて、ご案内に感謝しております。改めて出直す必要がないほどの株もあり、久々に興奮して撮影しました。
平戸の素晴らしい花々が、いつまでも健在であることを祈るばかりです。
みかん
2008/11/16 10:12
かげろうさん おはようございます。
平戸の花は魅力的なものがいくつもあり、何度訪ねても楽しい所です。このブログはケイタイで撮ったもの、と決めているので、なかなか思うような絵柄になっていないのですが、魅力ある花の一部分でも感じ取っていただけたら幸いです。
みかん
2008/11/16 10:17
今晩はヽ(´ー`)ノ
今年の花めぐり予定も後一息ですかね。

で、質問です。((((((((^^;
2枚目のソバナとツリガネニンジンの中間のような花は何でしょう。
(・・?)
アライグマ
2008/11/18 20:48
アライグマさん 今晩は。
いい質問です。答えは次回その2でじっくりと。
じつは今回の平戸島訪問の一番の目的がこの花を見ることだったのですよ。何年もかけて探していたのですが、自分ではついに見つけることができなかった植物なんです。
みかん
2008/11/19 00:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
花紀行1  晩秋の平戸島 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる