みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 奄美大島の花  そのB

<<   作成日時 : 2008/10/11 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

   南の島では、本州では見ることができない珍しい花も多いのですが

   なんでこんな名前なの、と思わず首をかしげてしまうような変な名前の花もあります。

   タンゲブはその代表でしょうか。

   下の画像がその花です。

   画像画像






















   この花、何科に見えますか。

   ちょっと想像しにくいかも知れませんが、キキョウ科なのです。

   花茎がつる状になるところから、別名をタイワンツルギキョウとも言いますが、こちらの名前もピンときません。

   タンゲブの語源を調べてみたのですが、ハッキリしたことはわかりませんでした。

   奄美大島ではあまり多くないですが、沖縄のヤンバルなどでは良く見かけます。

   果実は丸く黒く熟します。この実は食べられるのですよ。

   フゾロイバナというのも少し可哀想な名前ですよね。

   花はそれほど不揃いに咲いているとも思えないのですが、あなたはどう思います。

   画像画像






















   名前で損をしている植物かも知れませんね。

   林道脇などで稀に見られるだけで、奄美大島には個体数は少ないです。

   やはり沖縄が分布の本拠地ですね。

   フゾロイバナは草丈が1メートル以上になるので、花の頃は茎が倒れていることが多いです。

   奄美に滞在している間、どこの山に入っても咲いていたのがハシカンボクの優しい花でした。

   少し湿り気のある場所ならば、林縁、沢沿い、ススキの中まで、いたるところで花盛りでした。

   何度も何度も歓声を上げ、2度、3度とたびたび撮影しました。

   撮っても撮っても飽きない、そんな素敵な花です。

   花の色はピンクなのですが、色の濃淡がかなりあり、雰囲気の違う花に出会うとすぐに写したくなりました。

   様々な表情の花をお目にかけます。

   画像画像























   どうですか、誰もが好きになりそうな優しい感じの花でしょ。

   みかんはとてもお気に入りです。

   このハシカンボクがどのように咲いているか、というと、場所によっては下の画像のように群生しています。

   
画像








   こんな場所に出会うと、ついつい歓声をあげてしまいます。

   花の色が薄い株もあります。

   微妙な色の濃淡は、やはり個性なのでしょうが、どうしても左の株より右の株のような色の濃いものに

   目が行ってしまいます。ちなみにハシカンボクはノボタン科です。

   画像画像
























   本来は花壇や庭に植えられていた園芸植物が、野に逃げ出して増えているものを逸出帰化と呼びます。

   奄美大島ではジンジャーが逃げ出して、かなり高い峠の道路脇などにも繁茂しています。

   花の香りが良いので、花屋さんではブーケなどにも使われる園芸植物です。

   この花の香りは大好きなので、普通ならカメラを向けることもないのですが、ついつい撮ってしまいました。

   以前、逗子市に住んでいた頃は、庭にたくさん植えていました。

   下の画像は野生化したジンジャーの花です。

   画像画像























   奄美大島の海岸線には、所々にマングローブ林が発達しています。

   その主要な樹木がメヒルギとオヒルギです。

   オヒルギは赤い萼がよく目立ちます。花はその中に咲いています。ですからオヒルギの花は赤ではなく

   正しくはオレンジを帯びた黄色です。

   赤い萼の中に黄色い花びらが見えているのですが、わかるかな。

   右の画像をクリックすると、赤いギザギザの中にオレンジ色の花弁が見えているでしょ。

   これがオヒルギです。

   画像画像























   メヒルギは最も北まで分布を広げたマングローブです。

   北限は鹿児島県の喜入町です。

   奄美大島のマングローブもメインとなっているのはメヒルギです。

   こちらは5月から6月頃に白い花を咲かせます。

   下の画像は花が散って、黄緑色の萼の間から種子が伸びだしてきた状態。

   マングローブの種子は木についたまま発芽するので、胎生種子(たいせいしゅし)と呼ばれます。

   画像画像























   今回の奄美の旅で予想外だったのは、野生のショウキズイセンが見られたことでした。

   薄暗い樹林下に、まるで明かりを灯したように点々と咲いていました。

   案内してもらわなかったら、とても気がつかないような場所でした。

   花が咲いているとともかく目立ちます。地元の人に見つかると、すぐに掘り取られてしまうのだそうです。

   野生のショウキズイセンを見たのは、実に久し振りのことでした。

   随分と昔に鹿児島県で(奄美大島も鹿児島県ですが)たった1度見ただけなのです。

   庭で栽培されているものより、花茎が太くたくましく見えました。

   画像画像





















   奄美の花のことを書いているときりがありません。

   まだまだたくさんの花を見て撮影してきたのですが、そろそろ終わりにしたいと思います。

   最後に、今回の目的の花ハマトラノオをもう一度お目にかけましょう。

   初日にこの花を撮影し、帰る日にもう一度同じ海岸に行き、再度撮影しました。

   粘った甲斐があって、本業の方でも思うような写真が撮れたことを報告いたします。

   画像画像























   毎日毎日汗びっしょりになって撮影をつづけましたが、帰る日は、明らかに秋そのものの空でした。

   奄美の花たちが、いつまでも健在でありますように。







   最後にオマケ
   みかんは植物はもちろん大好きですが、動物や鳥、昆虫などの虫類も大好きです。
   女性には嫌われそうですが、今回のお気に入りはこれ
   サソリモドキです。
   姿がサソリに似ているでしょう、でもサソリのような毒はありません。

   
画像




















   撮影はいずれも奄美大島全域で、2008.9.18〜9.22

   クリックすると画像は大きくなります。大きな画面でお楽しみください。

   次回から秋の七草に戻ります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん、こんにちは!
沢山の花で、皆、覚えられません(泣)フゾロイバナはシソ科ですか?。
ハシカンボクは綺麗ですね。園芸種のノボタンは大好きですが、やはり山陰では冬が育ちません(ですから購入しない・・・)ジンジャーは良い香りがしますね。甘い香り・・・。これを植えたら、増えて邪魔になる?ですから、切られてしまいましたので、ありませんが。マングローブは草木染に良いと聞きましたが・・・。(本で見たのかな)ショウキズイセンは野生があるのですね。
園芸種で似たような花がありますが?
ハマトラノオは可愛いです。
実際に見る事が無い花を有難うございました。
南国へ(青い空と青い海・・・素敵ですね)行った気持ちで、又楽しませて頂きました。
かげろう
2008/10/11 16:48
すごい、すごいと思わず声をあげてしまいました。ハシカンボク最高。待っていた奄美の花Bもう見られてすーごくうれしいです。タンゲブは実を見ていますが花は今回が初めてです。目的の花ハマトラノオがすばらしくてよかったですね。まるで花達がみかんさんを待っていたかのように思えました。先ずはありがとうございます。
ayaya
2008/10/11 16:51
かげろうさん 今晩は。
いつもコメントありがとうございます。フゾロイバナは花の形からもわかるようにシソ科です。ショウキズイセンは今、我が家でも咲いていますが、今年は当り年のようで花茎が11本あがっています。自生のものと比べると茎も細く、草丈もあまり大きくなりません。園芸的に品種改良されているのかも知れませんね。
みかん
2008/10/11 18:58
ayayaさん 今晩は。
楽しんでいただけたようで何よりです。奄美大島以降もあちこちに出かけているのですが、ブログにはなかなかアップが追いつきません。もたもたしているうちにタイミングを失い、載せるつもりがお蔵入りなってしまう画像がどっさり、そのうち花の少なくなった冬場にでも載せましょうかね。
みかん
2008/10/11 19:05
いつも綺麗な写真と判りやすいコメントありがとうございます。お聞きするようなことではないのかもしれませんが、街中で何気なく見つけた小さな虫を写すのにカメラを持っていなくても携帯があれば写せると思い欲しいと思っているのですが、先生が今お持ちの携帯についている画素数はどれくらいでしょう。お聞かせいただけたら嬉しいです。
知君
2008/10/14 14:16
知君 おはようございます。
みかんが使っているケイタイは少し前のものでSH903iです。画素数はどのくらいだったか忘れました。パソコンの画面くらいの大きさなら、画素数は気にする必要がないと思います。今のケイタイは画素数はもちろんですが、カメラ機能がものすごくよくなっているので、みかんが撮っているものより、ずっとシャープに写りますよ。
みかん
2008/10/15 08:01
みかんさん こんばんんわ☆。・。・☆。・。☆。・

奄美のお花を るんるん気分で拝見していたのに、オマケの画像を見て
きゃーっと逃げ出すところでした(笑)化石みたいな生き物ですねー。
azami*
2008/10/22 00:02
azami*さん 今晩は。
驚かせてごめんなさい。花に虫はつきものなんですよ。
でも、はじめて見たらサソリモドキは男でもビックリする人が多いのですよ。
みかん
2008/10/22 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
奄美大島の花  そのB みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる