みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS クロカミラン

<<   作成日時 : 2008/06/09 12:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像








   日本の野生蘭の多くが、危機的状況におかれていることを、まだ多くの日本人はわかっていない。

   今マスコミで盛んに騒がれている地球温暖化の状況より、はるかに事は深刻である。

   絶滅の危機にある多くの蘭が、これほどまでに減少してしまった原因は、人間による乱獲である。

   地球温暖化の原因は、より快適な生活を追い求めた人間の営みであるが、日本の蘭が絶滅の危機にあるの

   は、私物化したいという、エゴ丸出しの醜い欲求である。

   日本人は四季の移ろいに敏感な、自然を愛する民族とされるが、はたして本当だろうか。

   日本国内のみならず、今やその魔手は諸外国の野生蘭にまで及んでいる。日本の業者が支払うほんのわず

   かな金額のために、発展途上国の貧しい人達が、自国の野生蘭を手当たりしだい掘り取っている。

   様々なルートで日本に入ったそれらの蘭の多くは、高値で取引きされてマニアの手に渡る。

   そしてその大部分が枯れ死しているのである。

   画像画像
























   クロカミランは九州のごく一部の、限られた岩場だけに生える野生蘭である。

   ウチョウランによく似ているが、距が細く短いこと、側弁が水平に開くこと、などの違いからウチョウランの変種

   になっているランである。

   環境省から発表されているレッドデータブックでは、最も絶滅が心配される種類のCRに指定されている。

   湿り気のある岩場に生えるが、根こそぎの乱獲によって、今や手の届くような場所で見られることは先ずない。

   地元の有志によって、純粋培養された苗を自生地に埋め戻す試みがされたと聞くが、その埋め戻した苗が

   ごっそりと盗まれてしまったと地元で聞いた。

   悲しさを通り越して、怒りだけがこみ上げてくる。

   野の花は、野にあってこそ輝きを増す。その輝きもほんの一瞬である。

   自然の中で光り輝くからこそ、限りなく美しいのである。画像























   クロカミランを撮影したいと思い、自生地をかなり探したが見つけることができなかった。随分と昔のことであ

   る。それから、どのくらいの年月が経ったろうか。

   今回ある方の案内で、やっと感激の対面を果たすことができた。

   一期一会のつもりで、私としては珍しく多くの枚数を撮影した。

   ケイタイでもしっかりと記録してきた。

   いつまでもこの岩壁で咲き続けて欲しいと、願うばかりだった。








   (今回は2箇所を回ったが、見られたのは全部でたった4株だけである。貴重なランなので、場所、撮影月日等

   は公表できない。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん、こんばんは!
やはりお出かけはこの花だったのですね。ある掲示板でこの花を見ました。この花を貼られた方は春にはかげろう地へ。
本当に貴重な花ですね。
最近、ある生○で売られている草花に時々、素掘りと言う書き込みがあります。それも中国産、チベット産などのものもありました。(これは蘭類です)
正直申しまして、購入して見ましたが、育ちませんでした。
みかんさんがこのブログの初めに貼られました、青いケシの花も売られていました。発展途上国の貧しい人達が、自国の草花まで手当たりしだい掘り取っていると言う事ですね。

それから、みかんさん、お尋ねした事がありますが、アケボノソウに似た葉ですが、葉をアップで見ると(画像を)、葉にギザギザがあります。アケボノソウの葉を虫眼鏡で見てもギザギザはありません。
シノノメソウの実物を見た事がありませんが、この葉にはギザギザがあるのでしょうか??(この葉は草原にありました)
秋に咲く事と思いますので、又、秋に出かけようとは思いますが。
宜しくご助言を御願い致します。
かげろう
2008/06/09 23:16
かげろうさん いつもコメントありがとうございます。
日本の山野草園芸は、まさに歯止めが効かないほどに暴走しています。自国の植物に飽き足らず、発展途上国の山野草までもが、誰に騒がれることもなく甚大な被害を受けています。さながらバーチャルウォーターならぬ
バーチャルプランツ(新語かも知れませんが、仮想植物)になっていることは確かです。ともかく素掘りなどと表示されている植物は、絶対に買わないことです。アラきれい、可愛い、と思って何気なく買ってしまうそのことが、世界の自然に限りないダメージを与えています。

シノノメソウの葉には鋸歯(ギザギザ)はありません。それに明るい草原に生えることもありません。深山の樹林下や水辺などの湿り気のある場所に生えるのが普通です。どんな花が咲く植物か、ちょっと想像できませんが、引き続き観察されたらいかがですか。
みかん
2008/06/10 12:01
今日は(^^)/~
以前ニュースで某国営放送で園芸番組を担当していた園芸家がツアー客を率いて野生の植物採取の旅を行い、その国の警察に逮捕されたのがあったけど、どうなったんでしょうかね。((((((((^^;
アライグマ
2008/06/10 17:49
みかんさん、返信を有難うございました。
この場所はもう暫くしたらカキラン、ヤマトキソウ、ソクシンランが咲きます。コキンバイザサが咲いているはずなのですが、広い場所で見つける事が出来ませんでした。その中に何?と言う葉がありました。
初めは、あら、アケボノソウがあるわと思ったくらいに見た目は似ていましたが、良く見ると葉が少し違っていたのです。秋に出かけます。
その前にカキランに会いに行きますので、様子を観察します。
いつもお忙しいのに、お世話になります。

最近は生○のチラシは送ってきているのすが、他で忙しく、見ていませんし、食品も注文していません。
以後、気をつけます。

アライグマさん、こんばんは!
某国営放送の園芸家&ツアー客が他国まで植物採集の旅に出かけたのですか??吃驚です。
かげろう
2008/06/10 23:33
アライグマさん 今晩は。
しばらく撮影に出ていて返事が遅くなってしまいました。
宮城岩手は地震の被害がひどいようですが、宮城県から昨夜戻ってきた所
なんです。今朝のニュースを見てビックリしました。地震にあわれた皆さんに心よりお見舞い申しあげます。
地震のような天災は防ぎようがありませんが、人間による乱獲は防ぐことが可能です。他国に植物採取に出かけるなんて、とんでもない話しです。そんな人に園芸家を名乗る資格はありません。
みかん
2008/06/14 19:34
かげろうさん 今晩は。
貴重な植物の生える場所は、例え自分のブログでも、安易に書かない方が無難ですね。鵜の目鷹の目で狙っている悪徳業者は、ネットを最高の探し場所として利用しています。ほんの小さな手がかりも見逃しません。悲しいことですが、自生地は書かないことが最良の選択です。
みかん
2008/06/14 19:45
みかんさん 初めまして。
クロカミラン貴重ですよ!
私(男)クロカミランやサツマチドリその他乱獲した人と友人です!
その人の友人が黒髪山で事故にあい未だに植物人間とのはなしをよく
聞きます。

クロカミランに限らず地球の生き物すべて絶滅反対!!
私の神様は地球です。

最後にこの花の絶滅に反対したヤスコさんありがとうございました。
きよちゃん
2009/11/03 13:21
みかんさん、こんにちは

決して盗掘はしないけれども、写真撮影といえども
植物たちにとってはひどく迷惑なことではないかと、
時々思います。

慎重に足元を確かめながら、植物たちを踏みつけない
ようにと思ってはいても、気が付けば無残に茎が折れ
た草を目にすると、申し訳ない気持ちで一杯になります。

自分の目には何もないと思っていても、きっと、土の中
では植物たちが芽を出す準備をしていたり、微小生物が
生活しているのだと思うと、動くことすら出来なくなっ
てしまいますね。
植物たちにとって、写真撮影だろうが、道路工事だろうが、
迷惑なことに変わりは無いのだろう・・・そんなことを自
覚しているだけでも、少しは行動の仕方も違ってくるのか
なと・・・勝手な自己弁護をしています。

「ヒト」という種類の生き物がこの地球上に存在しなかっ
たら、他の生き物たちは、今よりもずっとずっと平穏で幸
せな暮らしが出来たんではないだろうかと、思うことがあ
ります。
全ての生物が係わり合いを持ち、結果として助け合い、他
の生物の役に立っている中で、ただただ自然界から収奪す
るだけで、他には何一つ分け与えることの無い「ヒト」
少し前の時代までは、排泄物やら己の体を土に戻し少しは
他のためになっていたことさえ、今では止めてしまって。
こういう生き物はいつか存在が許されなくなるのではない
か。

そんな飛躍したことまで考えさせられてしまう、記事でした。

ブログのコメントとしてはふさわしくない内容かもしれま
せん、又大変長文になってしまいましたことお詫び申し上
げます。

みかんさんのブログ2007年の開設当初から読ませていただき、
やっと2008年6月まで来ました。現在まで追いつくにはまだ
まだ時間が掛かりそうです。
イナ
2012/05/11 18:43
イナさん 今晩は。
コメントありがとうございます。
おっしゃることが痛いほどよくわかります。私も同じような気持ちでいつも撮影しています。今年もつい最近、黒髪山に撮影に行ってきましたが、今年も盗掘の話しを聞かされました。貴重なクロカミ○○○○がごっそりと盗掘にあい、保護している地元の人がピリピリしていると。行く度にこのような話しを聞かされるのは、ほんとに悲しいことです。
丹念にブログに眼を通していただいているようで、嬉しいです。ありがとうございます。これからもコメントいただけると嬉しいです。気軽に書き込んでくださいね。
みかん
2012/05/12 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
クロカミラン みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる