みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊吹山の今は

<<   作成日時 : 2008/05/17 18:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像





   ニリンソウが花盛りです。

   頂上付近は早春の花が終わり、今はニリンソウとスミレ類が目立ちます。

   スミレはいちばん量が多いのはタチツボスミレですが、他にもニョイスミレやオオタチツボスミレなどが見られま

   す。木々の芽吹きがはじまったばかりですが、すでにオオカメノキなどは咲いています。

   画像画像




























   左画像がタチツボスミレの標準的な色のもの、右はその白花ですが、このくらい純白だと、オヤッと目を引きま

   すね。山頂付近の道沿いには、紫色がかなり濃い個体もあります。

   このように、花の色は標準的なもののほかに、様々な色変わりがあります。

   駐車場から歩き始めると、すぐにヤマエンゴサクが目に付きます。

   標準的な色はブルーですが、ピンクの可愛い色のも目立ちましたよ。

   画像画像
























   今回の目的はデジカメのテストでしたが、ここでお見せしているのは、すべてケイタイの画像です。

   花での目的はやや遅いとは思いながらアカヒダボタンでした。

   花に近づいて良く見れば、まだ咲いている株も結構あったのですが、やはり花期としては終盤です。

   どんな花かというと、こんな花です。

   ネコノメソウの仲間では、かなり派手な部類に入ると思います。

   画像画像
























   ネコノメソウの仲間では、まだ枯れ草が目立つ中に、コガネネコノメソウが花盛りでした。

   ヤマネコノメソウが随所にありましたが、すでに若い果実になっていました。

   やや標高の低い岩場にはハクサンハタザオが真っ白く咲いています。

   特に道路沿いに多いですね。

   
画像











   茎が無毛なのが特徴です。

   頂上付近には、良く似ていて茎に真っ白く毛が生えているイブキハタザオも咲き出していました。

   今の季節は花はあまり多くはありません。

   8合目辺りでは新緑がまぶしいほどに輝いています。

   
画像













   その他、サンカヨウ、コキンバイ、ホソバノアマナなどが駐車場より上部で見られました。

   花の種類は多くないものの、それなりに楽しめました。

   画像
画像
画像

























   ドライブウェーの途中では紫のフジの花房や真っ赤なヤマツツジ、ピンクのタニウツギや白いウワミズザクラ、

   道沿いに菜の花と見まがうようなミヤマガラシなどが目に止まりました。

   ウグイスがすぐ近くで、盛んに囀っていました。














   今回はケイタイでは余り多く写さなかったので、画像が少ないです。ごめんなさい。

   画像はいずれも2008.5.14 滋賀県と岐阜県境の伊吹山で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩はヽ(^o^)ノ
σ(^_^)は両方とも見たことが無いのですが、アカヒダボタンとボタンネコノメは何処が同定のポイントなのでしょうか。
ネットで調べたら「ワカンネー」と言うような書き込みしかなかったので
ヘ(^◇^;ヘ)(ノ;^◇^)ノ
アライグマ
2008/05/17 20:32
アライグマさん 今晩は。
まだ確定ではありませんが、ネコノメソウだけの図鑑を作りたいと考えています。似たもの同士が多くて、同定に困っている人が多いからです。
アカヒダボタンとボタンネコノメも確かに似ていますね。でも、違いがあるから新種として発表されているわけで、それらが写真で同定できるようなものを考えています。まだ未撮影のものがあるので、あと数年はかかりそうな気がしますが。それまでに私ももう少し勉強してみます。
みかん
2008/05/19 21:10
ネコノメソウだけの図鑑ですか。(ーー;)
出たら嬉しい反面、更に悩みそうだなーーーー(^o^;)
でも、あまりにマニアックすぎませんか(^^;★\(-.-;)
ペイするのか((((((((^^;
出たら皆で宣伝しまくりましょう。
アライグマ
2008/05/19 21:52
みかんさん 今晩は
私もネコノメソウ図鑑、楽しみにしています。
misao
2008/05/20 22:55
 こんばんは。鎌倉の宮本です。

 ネコノメソウ図鑑、とても楽しみにしております。Flora of Japanは国会図書館や大学の図書館に行かないとないし、英語なので読みこむのには慣れが必要です。せっかくなので、チャルメルソウ属やユキノシタ属もいっしょに紹介していただけれるととても助かるのですが・・・(別科ですが、新種発表の多いトリカブトやアザミも)。わがままな願いばかりで申し訳ありません。「数年先」が「10年先」になるよりは、まずはネコノメソウだけでも、かもしれませんね。
宮本
2008/05/21 02:06
アライグマさん こんにちは。
悩みを解決するために必要だと思うので作りたいのですよ。
近年、新種も多く発表されているので、それらを知らしめるためにも
是非とも作りたいのです。
みかん
2008/05/21 11:03
misaoさん ようこそお越しくださいました。
大阪のmisaoさんかな?
だとしたら、随分とご無沙汰しています。
ヒダボタンを発見地の飛騨高山に撮影に行って以降、再びネコノメソウに熱心になっています。
あと1種類、撮影の難しいものが残っていますし、エゾネコノメソウのように何度撮影しても、思うようなものが撮れないものもあります。
みかん
2008/05/21 11:08
宮本さん こんにちは。
いつも掲示板楽しく拝見しています。
ネコノメソウだけでなく、チャルメルソウも一緒にしたらどうだろう、という案も出ているのですが、チャルメルソウも近いうちにニューが発表されそうで、ちょっと躊躇しています。
とりあえずはネコノメソウだけの小冊子がいいかな、と自分では考えているのですが、まだ具体的にはどうなるか未定です。あくまで自分は作りたいな、という気持ちで準備しています。単なる図鑑ではなく、生活誌にまで踏み込んでみたいと考えています。
 トリカブトはともかく、アザミはまだ新種が次から次へと発表される可能性が高いですよ。Kさんの研究では。それ専門のカメラマンにお願いして撮影は進んでいるようですが。これはもう数年前の話しで、その後はどのように進んでいるのかは知りません。
みかん
2008/05/21 11:23
はじめまして、初カキコです。
いつも拝見してましたが、、、、。

昨年のGWに伊吹山の北尾根を縦走しましたが、
その時、見かけた花々ばかりで懐かしく思います。

タチツボスミレって、白色もあるんですね。
紫色や青色のものでも色の濃さが微妙に違っていても
同じ名前なんですか?
デコポン
2008/05/25 11:46
デコポンさん こんにちは。
ようこそお越しくださいました。しばらく北海道に行っていたので、レスが遅くなりました。ごめんなさい。
伊吹山は今行けば、さらに多くの花が咲いていることでしょう。

タチツボスミレに限らず、なんでもそうですが、花の色には様々な濃淡がありますね。同じ日本人でも色の白い人や黒い人がいるように、花にもそれぞれの個性があります。たくさんのタチツボスミレを見ていると、それらが自然とわかるようになります。
ですから花の色が違っていても同じ名前なんですよ。スミレ類だと、花が白くて距が紫色だとオトメスミレ、この画像のように距まで真っ白だと、シロバナタチツボスミレという名前がついていますが、みな同じものです。私はこんなに細かく分ける必要はない、と考えていますが。
みかん
2008/05/28 09:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊吹山の今は みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる