みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS みかんの携帯写真教室 2     オオイヌノフグリを例に

<<   作成日時 : 2008/03/01 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像画像






















   雪の多い日本海側や北国をのぞけば、陽の光りはだいぶ春めいてきて、陽だまりでは

   ぽつぽつと咲いていたオオイヌノフグリの花数もだいぶ増えてきた。

   今回はどこの道端でも普通に見ることができるオオイヌノフグリを題材に、練習をしてみよ

   う。オオイヌノフグリは晴天の時でないと花は咲かない。そのことをふまえて。


   ★★★日向で撮るか日陰で撮るか★★★


   太陽が花に強く当たりすぎていると、コントラストが強すぎて、花の色がキレイに出ないこ

   とがある。いちばん理想的なのは、太陽にうっすらと雲がかかっているような明るい晴天

   であることを先ず覚えておこう。咲いている花に当たる光りの強さによって、花の色は変

   わってくるのである。

   この日は陽射しが強かったので、先ず撮影メニューの明るさ調整を−2に設定した。

   携帯の明るさ調整は、+2 +1 0 −1 −2 の普通 5段階ある。

   標準が0 陽射しが強ければマイナスに、夕方などの薄暗い時はプラスに補正する。

   マイナス2に明るさを補正して撮ったのが下の画像である。

   画像画像























   左が太陽が当たっている画像、右が厚い雲がかかって日陰になった画像である。

   色が随分と違うことに気がつくだろう。これは色温度の関係なのだが、難しいことは覚え

   る必要はない。日当たりのよい場所と日陰では、全く違う色になることを覚えておこう。

   一般に携帯ではオオイヌノフグリやリンドウなどのブルー系の花の色は、日陰で撮ったほ

   うがキレイな色がでる傾向がある。

   上の例で言えば花の色は右画像の日陰で撮ったほうが色が実物に近くキレイである。

   だが全体を見ると少し暗い。

   そこで再度撮影メニューから明るさ調整へと進み−2を−1に変更する。

   そして日陰で同じように撮影してみる。

   画像画像




















   左が−2に補正したもの、右が−1に補正したものである。

   携帯やデジカメの素晴らしい所は、撮ったその場所で画像をすぐ確認できることなので、

   あとは実際の花と見比べて、より実物に近い色のものを選らべば良いのである。

   植物写真では実物に近い色を最優先するのが基本だが、どう表現したいかによっても

   違ってくる。心象風景として捉えるのであれば、実物の色にこだわる必要はない。







   (次回その3のオオイヌノフグリにつづく。次回はどこを切り取るか、について)

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
写真教室を読んでいると、素敵な写真が撮れるような気になってしまいますが、まだまだ写している状態です。次回の「どこを切り取るか」を楽しみにしています。
ぽんぽこ
2008/03/01 22:41
みかんさん今日は、携帯写真教室解りやすくて楽しく勉強しています。青梅市の近所では未だイヌフグリ見つかりませんが、近くの駐車場で「コゴメイヌノフグリ」らしきものを見かけました。1月29日のブログには、まだ石川を出ていないと書かれていましたが、オオイヌノフグリに似て毛深く白花です。
写真を先生宛送ります同定お願いします。
えいえっち
2008/03/02 14:22
ぽんぽこさん 今晩は。
一応携帯電話での撮り方、となっていますが、すべてに共通していることが多いので、何かの参考になれば幸いです。
みかん
2008/03/03 18:14
えいえっちさん ようこそお越しくださいました。
歓迎いたします。ハンドル名だと知っている人でも誰だかわからないことが多いのですが、納得できました。これからも遊びにきてください。
さて、お送りいただいた画像拝見しました。とてもシャープな画像なので、ますますデジカメが欲しくなりました。2点ともアップでしたが、特徴は写り込んでいましたので、間違いなくコゴメイヌノフグリと同定できました。もう青梅あたりまで広がってしまったのですね。帰化植物は種類によって分布の速度が早いですね。最初は小石川植物園で栽培していただけだったのですけどね。
白い花でも注意しないといけないのは、オオイヌノフグリが除草剤をかけられたりすると、白花の出る確率が非常に高くなります。
みかん
2008/03/03 18:27
植物の写真を撮るようになって、いつもがっかりすることは、見たままの花色が出ないことでした。カメラ任せにしていた私にはとっても嬉しい写真教室です(^O^) ありがとうございます。お天気が良いとつい嬉しくなって撮りに出かけますが、光に注意しなければいけないですね。次回の「どこを切り取るか」も楽しみです♪
ハッチ
2008/03/03 19:35
ハッチさん 今晩は。
プロでもなかなか思うようには撮れないのが現実です。いつも四苦八苦してます。携帯写真教室は花を撮る人の少しでも参考になることがあれば、と思いはじめたものです。ヒントになるようなことがあれば嬉しいですね。
みかん
2008/03/04 00:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
みかんの携帯写真教室 2     オオイヌノフグリを例に みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる