みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 植物似たもの同士2  セイヨウタンポポとアカミタンポポ

<<   作成日時 : 2008/01/15 12:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 10

   蒲公英  この漢字、読めますか?


   
   たんぽぽと読むのですよ。

   誰もが知ってるタンポポの花。

   春が来たことを真っ先に知らせてくれる野の花のひとつです。

   じつは、よく知っているようで、知らないことってたくさんありますよね。

   
   
   タンポポの花は何色ですか、とお聞きしたら、あなたは何と答えますか。

   黄色に決まってるじゃない。と答える人が多いと思いますが、その答えを聞いて

   エッ、家の周辺には白しかないけど、と思った方もいるはずです。

   また、ちょっと植物に詳しい方なら、黄色も白もあるよ。とニンマリしたはずです。

   日本でも住んでいる地域によって、生えるタンポポの花の色は違うのです。

   日本にあるタンポポの花の色は黄色と白に代表されますが、私はネパールや中国で

   オレンジ色や紅い花のタンポポを見た時、ギョッとなりました。

   タンポポの仲間は、世界に2000種も分布しているのです。

   そのうち日本には、平地から高山まで、20種類以上のタンポポが自生しています。

   春爛漫の季節には、またタンポポのいくつかが登場するでしょう。




   さて前置きがだいぶ長くなってしまいました。今回の主役は外来種のタンポポです。

   先ず下の画像を見てください。

   画像画像






















   今の季節に咲いている花ですから、まだ地面に張り付くようにして、寒さを用心するかの

   ようにして咲いています。真上から撮ったこの花のアップを見て、名前がわかりますか。

   一方がセイヨウタンポポ、もう一方がアカミタンポポです。

   この花の画像を見ただけで区別できる人は、もう大ベテラン、こんなブログは読む必要の

   ない方です。

   それではもう少しカメラを引いて、全体の姿を見て見ましょう。

   画像画像























   これならどうでしょう。

   まだ少し難しいですが、情報量はだいぶ多くなりました。この画像で両種を的確に見分け

   られる方、いますか。

   これでわかる方、あなたも植物の達人です。きっと植物の指導が出来る方でしょう。

   さて、これでもわからなかった人達が今回の対象です。

   何も悲観することはありません。今回の対象は植物の見分け方でも初級ではなく

   中級クラスなんですよ。

   

   
画像










   タンポポを区別する場合、花の首の部分、総苞(そうほう)が大事なことは知っていますよ

   ね。先ず最初にここを見て、総苞片が反り返っていれば帰化種である。と判断します。

   日本の在来種は総苞片が反り返らない。ここまでの区別ができるのが初級者です。


   セイヨウタンポポはヨーロッパ原産ですが、今や世界中に広がっています。アメリカのシア

   トルで真冬の2月にセイヨウタンポポが一輪だけ咲いていて、ワァ日本と同じだ、と感激し

   たことがありました。

   日本にはサラダ菜として明治時代に入ってきたといわれています。受粉しなくても種子が

   できる無性生殖によって多量の種子を作り、しかも種子が日本のタンポポよりも軽いため

   に、あっという間に日本全国を制覇してしまいました。

   画像画像






















   乾燥した場所にも適応できるセイヨウタンポポは、特に大都市部で異常繁殖し、どこを見

   てもセイヨウタンポポばかりになってしまいました。

   ところが現在、東京などの大都市圏では、まずセイヨウタンポポを見つけることができなく

   なりました。いつの間にか、その後に帰化したアカミタンポポに置き換わっていたので

   す。植物好きの多くの人が、まだそのことに気がついてはいないようです。

   今都内でセイヨウタンポポを探そうと思ったら、結構大変なのですよ。


   ここからが重要です。

   では、どこで見分けるか。先ず葉を見ます。アカミタンポポは別名をキレハノアカミタンポ

   ポとも言います。セイヨウタンポポと比べると葉の切れ込み方が深いのです。

   言葉で言うよりも画像を見たほうが早いですね。

   左がセイヨウタンポポ、右がアカミタンポポです。

   画像画像























   葉の切れ込みは結構個体差がありますので、この画像はあくまで参考にしてください。

   セイヨウではもっと葉の幅が広いのもありますし、アカミはもっと細かく切れ込むのもあり

   ます。

   花はセイヨウタンポポの方が大きく、まさに八重咲きの感じ、アカミタンポポは小輪で、

   ひと回り小さくなります。花びらの数が明らかに少なく見えます。

   最初に花のアップを載せましたが左がセイヨウタンポポ。右がアカミタンポポです。

   画像画像























   このように葉と花で大体の見当をつけたら、いよいよ決定打の確認です。

   タンポポの果実を植物用語ではそう果といいます。このそう果の色が決め手になります。

   簡単に言うと、タンポポのタネ(種子)の色を見なさい。ということです。

   画像画像























   左がセイヨウタンポポ。右がアカミタンポポです。

   名前の通りアカミタンポポの方が、かなり赤いことがわかります。

   アカミタンポポの名前は果実が赤い赤実からきているのです。

   画像をクリックして大きな画面で見ると、色の違いがはっきりとわかりますよ。

   どうです。わかりましたか。

   これでセイヨウタンポポとアカミタンポポ、しっかりと区別できますよね。


   




   それでは問題です。

   下の画像はどちらでしょうか?

   
画像














   (撮影2008年1月6日、9日、10日 愛知県半田市)

   問題の答えは次回に。
   

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
風邪もだいぶ良くなり食事がとれるようになりました。植物のお勉強が楽しくてなりません。ありがとうございます。このあたりではカントウタンポポのほうが多いのですがアカミタンポポもホンの少し舗装道路の際などで見かけます。住宅地や市街地にはセイヨウタンポポが、薄黄色のタンポポもみかけますが雑種でしょうか?シロバナタンポポもみかけます。早くお外にでたいですよー。セイヨウタンポポが咲いているはず。見に行きたいです。
ayaya
2008/01/15 17:30
ありがとうございました。これでアカミタンポポを探せそうです。
今まで、セイヨウタンポポとアカミタンポポ、そう果の違いくらいしか知らなかったので、探しあぐねていました。確かに葉の切れ込みが深いのを見た覚えが有ります。
これで、タンポポを見る楽しみが一つ増えました。

「無名子」、「むめいし」と読みます。
時々「むなこ」と読んで、女性と勘違いする方もいらっしゃるんですが、
生憎50代半ばの男です。
これから、宜しく御願い致します。
無名子
2008/01/15 22:06
こんばんは。
今日、春の花で最初に掲載されているのがジシバリなんだ!と見てきました。買おうかな?と思いましたが2千円に見るだけで本屋を帰ってきました。
最後の問題は難しいですね。葉っぱを見たらアカミ君、花茎を見たらセイヨウ君みたいな感じです。その二つの交配種でしょうか?
ぽんぽこ
2008/01/15 23:52
初めまして。クスクスさんとアライグマさんのところから参りました。あまりの楽しさにお断りもせずにリンクさせていただいてしまいました。楽しみが増えまして有難うございます。
ゆうな
2008/01/16 00:34
酔いが醒めて見直すと、最初のセイヨウタンポポの写真と同じですね。
ぽんぽこ
2008/01/16 07:16
ayayaさん 今晩は。
風邪はしっかりと治してから散策に出てくださいね。中途半端で出かけて、またぶり返すと大変ですよ。まだまだ寒いですから、もう少し家の中でのんびり過ごすのも悪くないと思いますよ。
みかん
2008/01/16 17:12
むめいしさん 今晩は。
私の書き込みを見た友人が、すぐにメールで、むめいしさんと読むのだと知らせてくれました。ロウバイの里、私も去年行きました。ブログ拝見しました。
郷里の後輩だったのですね。私の故郷はもっと山の中、猿ヶ京温泉です。
これからもどうぞ遊びにきてください。
みかん
2008/01/16 17:18
ぽんぽこさん 今晩は。
やはり春はそちらの方が早いようですね。きょうはネットの行く先々でぽんぽこさんの書き込みを見ました。最近、タンポポの世界でも異変が起きています。今までは日本に昔からある在来種と帰化種は交雑しない、というのが定説だったのですが、最近は何とあちこちから在来種と帰化種の交雑個体が報告されているのです。私も見ましたが、これには困ったものです。
みかん
2008/01/16 17:26
ゆうなさん ようこそお越しくださいました。歓迎しますよ。
ハンドルのゆうなは、あの黄色の花が咲くゆうなからでしょうか。沖縄や小笠原では、今の季節でもぽつぽつと花が咲いていますね。我が家でも実生の苗が育っています。寒いせいか常緑ではなく、秋に紅葉して葉を落とします。知多半島では落葉樹で冬を越します。
どうぞまた遊びにきてください。
みかん
2008/01/16 17:39
タンポポの種類は私の知っている限りでは60種くらいですが現在は各個体で交配種が誕生しているのでこのままでは数百種の品種になると言われます
セイヨウ×アカミの交配種も多くなりました

私の近くには在来種のトウカイタンポポとカンサイタンポポだけが見られる堤防があります
自然風
2016/07/12 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
植物似たもの同士2  セイヨウタンポポとアカミタンポポ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる