みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 合格ですね。パックの七草

<<   作成日時 : 2008/01/07 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

画像





   これが近くのスーパーで売っていた七草セット

   398円なり

   三島函南農業協同組合の出荷のようです

   七草がゆセットと書いたチラシ入り

   そのチラシには下記のようないわれが書いてありました。

   

   新春をことほぐ七草粥

   古く中国より伝わり、七日の未明七草ばやしを歌いながら、包丁で草をたたいて、

   拍子をとり、かゆに作って神に供え、家人も食べて、一年の無病息災のまじないとした。


   うんうん、俺の知ってる故事来歴とほぼ同じだ。と、納得。

   感心したのはその裏面、七草のイラストが描いてあって、コオニタビラコ(ホトケノザ)と

   正しい表記がしてあったこと。その片側には七草がゆの作り方が書いてありました。

   で、その中身ですが、下記の内容でした。

   
画像


                  クリックして大きくして見てね



   左からセリ、ナズナ、ゴギョウ・・・・・・と7種類とも間違いはありませんでした。

   ただし中身の半分ほどがハコベで、その他は画像の1本ずつというのは、ちょっと寂しい
   
   ですね。ご丁寧にこれで5人前だそうです。

   なんでこんなことを書いたかというと、昨年某テレビ局が春の七草の特集をするので、

   写真を貸して欲しい、と言ってきたのです。私の図鑑を写すのでフィルムは必要ないと

   言うのです。若い担当者だったので気になって、ホトケノザはピンクの花が咲くシソ科の

   植物ではないよ、と念を押しました。

   そしたら、いとも簡単に「アレッ、そうじゃないんですか、それじゃあホトケノザは何です

   か」と何のためらいもなく聞いてくるので唖然としたからです。

   こんな間違いは日常茶飯事で、かつてのN○Kの七草を探す番組でもホトケノザを間違

   えて、似ても似つかない植物を写して、これがホトケノザです。とやっていた。

   植物仲間数人から、すぐに確認の電話がかかってきて、アレ違いますよね。と、その番

   組には私は関わっていなかったのですが、花のない季節、しかもロゼットとなると、こんな

   間違いも生まれるようです。

   かつての七草セットには、怪しい草も含まれていて、それが何か考えるのも面白かった

   のですが、さすがに最近はそんな間違いはないようです。


   ところで写真を写す人の参考までに、先ず下の画像を見てください。

   
画像



   上の画像とまったく同じものを使って、白い紙をバックにして撮ってみました。

   同じ条件でありながら、バックを白くしただけで色が出てきたのがわかると思います。

   並び方を変えるだけでも違ったイメージになります。

   こちらの方がより美味しそうに見えるでしょ。

   ついでなので、自分が採集してきたものに変えてみました。

   ハコベとカブとダイコンは同じものを使いましたが。

   
画像



   雰囲気がまた違って見えることにお気づきですか。

   このように用途によって、バックの色を変えたり、並び方を変えるだけでも、写真のイメー

   ジは大きく変わってくるのです。

   今回はバックを白い紙に変え、並び方を変えただけの簡単なものですが、おいおい携帯

   でもこんな所に注意すれば、見違えるような写真になるよ、というアドバイスも書いてみた

   いと思います。
   
   

    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
わー、七草の勉強にもなりましたし、
写真の勉強にもなりました〜。
ありがとうございました。

来年はここで教えていただいた知識を生かし、
野辺で摘んだ七草で七草粥を作ってみたいと思います。

Yasuko
2008/01/07 20:28
みかんさん今晩は(^o^)/
早速、遊びに来ました。
バック変更だけでオートホワイトバランスが色々働くのでしょうね。
携帯で夕方に写真を撮ると凄い色になることが良くあります。
((((((((^^;面白い

N○KをはじめとするTV局の植物に関することは時々凄いポカをやりますね。σ(^_^)のような素人でも笑ってしまうようなことを(^^;★\(-.-;)
花が咲いていてもぜんぜん違う名前が出ていることもあるし。
局にミスを見つけるとすぐに電話する人が多いと言いますが私も思わず電話したくなった。(^◇^;)
アライグマ
2008/01/07 21:48
Yasukoさん 今晩は。
画像の七草はすでに私のお腹の中です。
我が家の七草粥はあっさりとしたコンソメ仕立てです。ハコベは意識して少なく入れるのですが、それでもホコリ臭さがあります。セリを多めに入れるのが美味しくいただくコツかも知れません。
Yasukoさんも来年は野生の七草楽しんでくださいネ。
みかん
2008/01/07 22:36
アライグマさん ようこそお越しくださいました。
N○Kに知り合いがいた当時は、よくスタジオを訪ねました。夜の7時のニュースがありますね。あれなどは、カメラの三脚の足の位置が決まっていて、床に印がついていましたよ。少し位置がずれただけで、視聴者から電話がかかってくるので、床に印をつけたと当時は言っていました。
以前、朝の番組に出演した時に、山の上までカメラを担ぎ上げなければならず、結局私が担いで登ったことがあります。今はカメラも随分と軽量化したようですが、当時のカメラはずっしりと重かったです。
どうぞまた遊びにきてください。
みかん
2008/01/07 22:48
みかんさん、こんばんは!
今日はBBSへ〜有難うございました。m(_ _)m

今日、娘を送ってから(日中支援制度〜重症心身障害児(者))七草を自宅周辺で探しました。一応、かぶと大根以外は全てありました。ハハコギサとコタビラコとナズナはロゼット状です。
やはり、コタビラコが少ないですね。(ですから1株ほど摘みました)
こちらはセリはまだ小さいです。
今日は予定があって七草粥にはなりませんでしたが、明日は作ります。

お店で売ってあるもの値段は同じです〜さすがに購入はしなかったので、中身は分かりませんが。

でも今日、吃驚したのは、自宅の田畑に熊の足跡?らしきものが沢山あり、(雪の上に残っていました。)冬眠のはずなのに・・・と思いましたが、
昨年、裏山から田んぼの中(稲の中)歩いて川へ降りた事がありますので。
かげろう
2008/01/08 02:43
ハハコグサを間違って書き込みしました。(癖でいつも隣同士を間違う事が多いです〜m(_ _)m)
わぁぁ・・コオニタビラコも。ゴメンナサイ!!もう寝ます。(-_-)zzzZ
かげろう
2008/01/08 02:49
みかんさん おはようございます
 今年もよろしくお願いします。トップページをリンクさせていただきます。
kita
2008/01/08 07:19
かげろうさん こんにちは。
今朝は一日遅れの七草粥だったのでしょうか。打ち間違いはよくあること。私はハハコグサは気がつきませんでした。コオニタビラコも流れでわかりますから、ご愛嬌です。
それよりもこの季節になってもまだ冬眠していない熊がいるとしたら、ちょっと問題ですね。温暖化が進んでいるので、冬眠の時季はやはり遅くなっているようですが。正しくは冬に出産しますので、冬眠ではないのですが。
みかん
2008/01/08 11:41
kitaさん こんにちは。
はじめての訪問歓迎します。また私のブログをリンクしてくれるとのこと。ありがとうございます。これからも遊びに来てください。そして何でもいいですから、書き込みもどうぞよろしくお願いします。
みかん
2008/01/08 15:17
みかんさん、はじめまして!
ホトケノザがコオニタビラコのこととは初めて知りました。
春の野原を散策しているといち早く花を咲かせるホトケノザを見つけて夫に「ほら、春の七草のホトケノザよ!」と教えていた自分が恥ずかしいです。
でも、放送局の方でも間違ったりするのですね〜少し安心しました(笑

ところで、みかんさんはあの有名な植物写真家の○田さんではないですか?
○田さんの図鑑、とても気に入ってます。山歩きが趣味の私はいつもポケットガイドを持ち歩くのですでにボロボロ状態です。
つい最近も野の花の春夏秋とシリーズで揃えたばかりです。
「みかんの花日記」は携帯で撮影されているとのこと。最近の携帯ってすごいですね〜腕が違うって怒られそうですが(笑
これからも楽しみにしています。
たんべぇ
2008/01/08 17:28
シリーズは野の花ではなく「野草」でした。
そそっかしくてすみませんm(- -)m
たんべぇ
2008/01/08 17:34
なるほど白をバックにするとなかなか良いですね!
早速,頂きです。^_^;
1パック400円は高いのか?安いのか?
やまそだち
2008/01/08 18:08
たんべぇさん ようこそお越しくださいました。
歓迎します。シソ科のホトケノザは一説には毒草だ、とも言われているので、あえてしつこく書いています。ある程度植物を知っている方たちには良く知られていることなのですが。
私の図鑑を愛用してくださっているとのこと、ありがとうございます。今、本屋に並んでいるのは新装版なので、印刷がやや悪いので、筆者というよりカメラマンとしては不満の残る出来なのですが。やはり図鑑類は初版本の方が印刷は綺麗ですね。
どうぞこれからも遊びに来てください。
みかん
2008/01/08 21:12
やまそだちさん 今晩は。
七草パック400円は、野菜としてみれば主婦感覚ではあきらかに高いと思います。でも、正月の縁起物と考えれば、まぁ妥当かな、と思います。
私ややまそだちさんのように、野外に若菜摘みに出る人には、あまり関係ないですね。それよりも売れ残った多量のパックの処理の方が気になります。それにしても家庭菜園を楽しんでるやまそだちさんが羨ましい。
みかん
2008/01/08 21:21
こんばんは。
我が家では、畑から7種の野菜や野草を使って味噌汁で頂きました。
七草にカブや大根が入っているって不自然だとは思いませんか?平安の頃に野草として生えていたのかな?
こんな説があります。スズシロ=ヨメナ、スズナ=ノビル。どちらも食用になる早春に出てきますし、語源からも納得できる説明もありました。
ぽんぽこ
2008/01/08 22:10
ぽんぽこさん 今晩は。
寒いのに滝めぐり続けられているようですね。凍りついた滝も魅力がありますね。アイスクライミングではないのですが、冬の沢登りで一度だけ滝つぼに落ちたことがあります。登っていてどうにも身動きがとれなくなり、滑った瞬間に自分から空中で回れ右して、回りが氷が張っている滝つぼにドボーン。高さ10メートルほどの滝でしたから怪我もしませんでしたが。
七草が今のものに落ち着くまでには色々な経緯があったようですね。スズナのノビル説なんかは大いに納得できるところです。春の七草にしても、秋の七草にしても異説はあります。カタカゴ=カタクリ説なども私は違うものだと考えていますが、世の中全体の流れで自然とそう認識されるようになったのだ、と軽く考えています。異説があっても不思議ではありません。
みかん
2008/01/08 23:02
ぽんぽこさん はじめまして
みかんさんにご指導していただいている一人です。七草は、野草で固めると仰る通りで、ヨメナにノビルを加えた方が自然のようです。ノビルでなくアサツキとの説もあるようです。我が家では、一般の七草に加え、ノビルとカントウヨメナを加えて作りました。
kita
2008/01/09 09:28
みかんさん、みなさん、
 あけまして おめでとうございます!(今頃ですが、今年初の書き込みです(^^ゞ)
みかんさんとまったく同じ「七草セット」食べましたぁ〜!
ハコベはちょっと多すぎるけど、全部揃ってうれしいセットでした。
量が多いので朝は七草粥に、夜には野菜スープに入れて食べました。
本当なら野で摘んで、と思うのですが、普段お散歩風景を目にしているのでちょっと手が伸びません・・・。

バックの色や並べ方で鮮度まで違ってみえるんですね!感激ッ!!
shuku
2008/01/10 11:36
Kitaさん 今晩は。
ぽんぽこさんも多分これを読んでくれたと思います。ここで仲間が議論をするのも、私としては理想の形だと思っています。
ところでKitaさん 皆さんが勘違いするような書き方はやめてくださいね。私やKitaさんは、植物を勉強する豊橋ボタニスト倶楽部の会員です。仲間なんですよ。教えたり教えられたりの間柄です。勉強熱心なKitaさんから、みかんも色々なことを教えてもらっています。
みかん
2008/01/10 22:36
shukuさん 今晩は。
犬の散歩コースにあるものや、車がびゅんびゅん走る道路脇のものなどは、やはり摘みたくないですよね。全く同感です。やはり空気のきれいな山間部のものが良いですね。七草摘みの効用は、食材探し、というよりも、キレイな空気をいっぱい吸って、心までリフレッシュさせることが一番と、私は思っています。今年もいっぱい遊びましょうネ。
みかん
2008/01/10 22:49
こんばんは。
Kitaさん、私も今年の旧暦の1月7日にチャレンジしてみます。
ところで、七草のパックですが、今のような姿にしたのは私たちなんです。それまでは、7種類の野菜で構成されていたのですが、それじゃダメだ!ということで福岡市の農家に作ってもらいました。今では他の産地に圧倒されていますが、私が担当している時は沖縄から北海道まで発送していたんですよ。
ぽんぽこ
2008/01/11 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
合格ですね。パックの七草 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる