みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の七草

<<   作成日時 : 2008/01/06 18:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

   正月七日の七草粥は、古来より行われてきた年中行事のひとつである。

   古今集には後の光孝天皇の若菜摘みの歌が残されている。百人一首でもお馴染みの

   歌だが、栽培野菜などほとんどなかったであろう時代に、青物を求めて野辺に出た当時

   の情景がまざまざと見えるようである。


        きみがため 春の野にいでてわかなつむ

                       わが衣手に雪はふりつつ



   冬季のビタミン不足を補う意味でも、緑の野菜が少なかった当時は、貴重な年中行事の

   ひとつだったであろうことが想像できる。

   七草を刻んで鍋に入れる七草粥は、向こう一年間の無病息災が叶うと信じられていた。



   春の七草とは、 芹、薺、御行、繁縷、佛の座、菘、清白 これぞまさしく春の七種 であ

   る。わかりやすくカタカナで表記するならば、セリ、ナズナ、ゴギョウ(オギョウとも言う)、

   ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの7種である。

   スズナはカブのこと。スズシロは大根のことである。

   7種のうち、セリ、カブ、ダイコンの3種は野菜として我々にはお馴染みのものだが、残り

   の4種は、水田や畑などの野辺に生える雑草である。

   食べごろの七草を求めて、若菜摘みの散策に出かけてみた。

   
画像

                         セ  リ
    
     誰もが知っている香り高い野菜。野生のセリは流れのある水田脇の水路や湿地に生
     える。水田との結びつきが強い。




   
画像

                         ナ  ズ  ナ

   ペンペングサの愛称で親しまれている雑草。暖かい地方では正月にはすでに花盛りの
   状態のものもある。食用にするのは若いロゼット。




   
画像

                         ゴ  ギ  ョ  ウ

     ハハコグサのこと。若いロゼットは綿毛が多いので、食感はあまりよくない。七草粥に
     は少なめに入れるのがよい。
     






   
画像

                         ハ  コ  ベ  ラ

     小鳥の餌などに利用する。ミドリハコベ、コハコベ、ウシハコベなどがある。最近帰化
     した ものでは、白い花が咲かないイヌコハコベなどもある。





   
画像

                         ホ  ト  ケ  ノ  ザ

     ピンクの花が咲くシソ科のホトケノザのことではなく、水田の中などに生えるキク科の
     コオニタビラコのことである。黄色の小さな花が咲く。オニタビラコとも似ている。





   
画像

                         ス  ズ  ナ

     カブのことである。野菜として流通している。丸い部分は甘みもあり、浅漬けなどに向
     いている。七草粥には葉も刻んで入れる。





   
画像

                         ス  ズ  シ  ロ

     冬の代表的な野菜。青首をはじめ、産地名を記して三浦ダイコンなどとも呼ばれる。
     千枚漬けに利用する聖護院、極端に細く長い守口ダイコンなど、各地に品種がある。




   野菜として栽培されるカブとダイコン以外は、人間が生活する身近な場所で採集できるも   
   
   のが多いが、最近の住宅事情においては、意外と簡単には手に入らなくなっている。

   そこでパックに詰められた七草セットがスーパーなどで売られることとなる。

   明日はスーパーで売られていた春の七草を検証してみたい。


   閑話休題

   私の住んでいる周りでも七草は集めにくくなっている。電車に乗って5駅ほど先の隣町の
   山の中まで探しに行って来た。(昨日のブログ参照) セリなどはやはりキレイな流れの
    中のものを摘みたいし、ナズナなども、あまり道端のものより、畑に生えたものの方が、
   なんだか衛生的のような気がするからである。

   ところが地域によっては七種が集まらない場所もある。神奈川県の逗子市に長いこと住
   んでいたが、逗子にはコオニタビラコがない。神奈川県植物誌の調査のために、市内の
   すべての田んぼを調べたがなかった。同様なことが各地にあるらしく、島根のかげろうさ
   んの所では、ナズナはあるが見つけにくいと言うし、やまそだちさんも遠くまでコオニタビ
   ラコを摘みに行ったという。さてさて、あなたの家の七草は、どんなものでしょうか。



   (セリ、ナズナ、ゴギョウ、ホトケノザは2008.1.5 愛知県武豊町で。ハコベラ、
   スズナ、スズシロは2008.1.6 愛知県半田市で)   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん、こんばんは!
誤解を与えるような事を書きまして、相済みません。
ナズナは沢山あるのですが、この時期に探しにくいと言う事です。
昨年12月に暖かいときに、ナズナ〜ペンペン草になっているのは見た事がありますが。(実がついていたような?)
やはり、少ないのはコオニタビラコです。今年これが雪で探せないかと思います。
セリ、ゴギョウ、ハコベラ等は周りにあるのですが、何しろ今回雪が多くて・・・。今日は用事で出かけていたので、明日には探して七草粥が出来ますように!!
報告は又致します。
かげろう
2008/01/06 18:46
かげろうさん 今晩は。
ホッとしました。ナズナはかなり一般的な雑草ですからね。
よく見ればナズナ花咲く垣根かな、が良く実体を表していると思います。
明日、七草が揃うと良いですね。
みかん
2008/01/06 22:28
みかんさん、今年もよろしく御願いします。昨日は外出、出来ず今日七草集めをします。と言うわけで我が家では夜、七草粥にする予定。これって慣わしに違反てことないですよね。                        そうそう、ナズナの胡麻和えの美味しいこと、たべたことありますか?花の咲く前の茎と蕾をいただくのです。野草では一番好きなナズナです。花の咲く季節が待ち遠しいです。
ayaya
2008/01/07 07:05
おはようございます。
昨日の夜、七草サラダをしました。
デパートのサラダコーナーで、30品目の中に七草が入ったサラダと言うのを買ってきたのです。
みかんさんやかげろうさんに比べて、なんてずるいんでしょ(^^;)
100g423円もして、×200だったので、かなり割高でした。
一気に主婦モードになってしまいすみません。
みかんさん、今夜は七草粥が出来るといいですね。
また様子を聞かせてください。

私は今日から今年の仕事が始まるので、
町医者モードに戻ります。
Yasuko
2008/01/07 08:08
ayayaさん 今晩は。
七草は揃いましたか。我が家の七草粥も夕食時です。
古事によれば7日の朝、朝粥が正解のようですが、7日中であれば大差がないように思います。お寺さんの振る舞い粥なども昼食だったりしますから。
昔ながらの行事を大切にする、そのことだけでも意義があると思います。
みかん
2008/01/07 17:03
Yasukoさん 仕事始めご苦労様です。
患者さんが待っておられたのでは、今年も頑張っていきましょう。
七草サラダというのも現代的ですね。でも100g423円はやはり高いですね。
私は七草粥を食すよりも、それを集めるための若菜摘み、一日のんびりと野辺で過ごすことの方に重点をおいています。
もちろん夜は、七草ナズナ、唐土の鳥も、渡らぬ先の、などとまな板を包丁でトントンたたきながら粥を作りますが。
みかん
2008/01/07 17:12
 みかんさん、みなさんこんばんは。鎌倉の宮本です。今年もよろしくお願いいたします。
 春の七草の記事、興味深く拝見しました。季節おりおりの話題について、みかんの長年のご経験による解説を読むことができるのは、ブログならではのメリットですね。わたし自身は、1日前倒しで七草粥を食べましたが、みなさんのように摘みとったものではなくスーパーで購入したもの、来年はぜひチャレンジしたいと思います。
 記事中、「逗子にはコオニタビラコがない」とあるのを読んでびっくりしました。逗子市のとなりにある鎌倉市では、谷戸の水田でコオニタビラコをみかけますし、そのとなりの横浜市戸塚区にわずかに残っている田谷の水田でも、春先になるとたくさんのコオニタビラコが咲きます。ふしぎに思って「神奈川県植物誌2001」を開いてみると、たしかに逗子市には記録地点のドットがありません。水田への依存度の高い植物ですから、水田の少ない逗子市には広がらなかったということでしょうか。人間と植物の関わりあいを考えさせるおもしろい現象ですね。

 
宮本
2008/01/10 00:32
宮本さん 今晩は。
スーパーで七草セットが売られるほど、まだ日本の伝統はすたれてはいない、ということでしょうかね。商魂のたくましさがそうさせるとは考えたくありませんが、自分で採集する人は随分と減っているようです。
毎年出かけるわけではありませんが、早春の一日をのんびりと過ごすのは、なかなか楽しいものです。七草摘みのお陰で、ここ10年ほど姿が見えなかったイヌセンブリを再発見して、ほっとしました。
みかん
2008/01/10 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の七草 みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる