みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS どんぐりシリーズB  コナラ

<<   作成日時 : 2007/11/16 14:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像



   雑木林の象徴ともいえる木で、燃料革命以前は、人間の生活に欠かせない木だった。

   第一に燃料、薪として必需品であったほか、木は炭に焼かれ様々に利用された。

   落ち葉はかき集められて肥料になり、腐葉土になる前も、野菜栽培などにも重要な役割

   を果たした。伐られた木はシイタケ栽培のホダ木として、これは現在も利用されている。

   切り株からのひこばえの成長が早いので、萌芽再生する木の代表でもある。

   10年から15年のサイクルで伐られ、雑木林は常に再生利用されていた。里山に多いの

   で利用価値は果てしなく多かったのである。

   ドングリは1年で熟し、子供達はその実を拾い、ヤジロベエやコマを作って遊んだ。

   リスやムササビ、クマなど、野生動物達の大事な食料源でもあるのだ。


   それが、便利な生活と共に忘れ去られ、今、かつての雑木林の面影はない。

   里山は荒れ放題、つる草や勢いの強い植物だけが我が物顔でのさばり、植生は極めて

   貧弱なものへと変化した。

   かつて国木田独歩が賞賛した雑木林も、今は林の中を自由に歩けるどころではない。

   川合玉堂や菱田春草が描いた霧に見え隠れする風情など、幻となりつつある。

   世の中が変わった。時代の流れだ。

   確かに・・・・・。

   だが、そう捨てたものではない。わずかではあるが明るい兆しも見える。

   里山が見直され、再生計画が着々と進んでいる所もある。

   コナラのドングリを拾い集めながら、この実で遊ぶ子供達がもっと増えたら、自然に対す

   る見方が大きく変わると思うのだが、現実問題として考えると、何の変哲もないドングリ

   は、やはりファミコンに勝てるわけがないよなぁ、と思う。

   やはり、時代だろうか?????
   
   画像画像
























   特に子育て真っ最中の若い世代は、どんな風に考えているのだろうか。

   団塊の世代の我々とは、明らかに違う意見を持っているような気がするのだが。

   ややもすると、我々はどうしても懐古的になる。

   昔はよかった、と思う。だったら現代にその良さを甦らせるのには、どうしたらいいのか

   何をすれば良いのか。定年を機に、そんなことを考えるのも無駄ではないだろう。

   
画像









   (画像は愛知県武豊町で2007.10.16 10.21 10.31に撮影)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
このドングリがかげろうの周りでは沢山落ちています。
もう終わったけど、山栗、少しだけサルナシを拾って楽しんだけど・・・。
熊本にいた頃は、山栗、サルナシは知りませんでした。
いつも書き込んで良いですか?
かげろう
2007/11/17 19:12
そういえば最近、雑木林をとんと見かけなくなりました。
子供の頃にクワガタを取りに行った墓地の脇をすり抜けて入っていく雑木林。
その雑木林はいまは大規模造成されてニュータウンの丘に成り果てました。
思えばあの雑木林には様々なドングリが落ちていました。今となってはどんな
種類かはわかりませんが、いくつか生で口にしてぺっぺっと吐き出したことが
ありました。(マテバジイなんて生で食べられるらしいですね)
コナラ、普段特に意識を向ける植物ではないですが、いつぞや見た神の住む
コナラの巨木はいつまでもそこに佇んでてほしいものです。
すや@広島
2007/11/17 23:42
かげろうさん 今晩は。
ハイいつも大歓迎ですよ。このコメント欄で仲間同士が語り合うことができたら理想ですね。今後もたくさん書き込んでくださいね。待ってます。
みかん
2007/11/18 00:25
すやさん今晩は。
花の種類がぐんと少なくなって寂しい季節になりましたね。でもすやさんのホームページを拝見すると、晩秋の懐かしい風景を見事に捉えていますね。山里の風景は雑木林に限らず大好きです。これからの雪の季節、すやさんがどんな風景を見せてくれるのか、それが楽しみです。
広島のあのコナラの大木はスゴイ。あんな見事な大木が多くの人に知られることもなく眠っている広島の山懐の深さに、驚きと同時に感嘆の声を発してしまいます。樹種ごとのランク付けをするならば、間違いなくコナラ部門では、日本でナンバーワンかも知れません。
みかん
2007/11/18 00:42
こちらでもコナラはどこの山や林でも良くみられ。
椎茸ように結構使われているようできれいに管理されている林もあります。
芽出しから紅葉迄楽しんでいます。
今年は実成りも良いようで私も実の写真を撮りましたが上手く撮れずみなボツでまた撮り直しです。

定年?生涯現役で頑張ってください!
やまそだち
2007/11/18 08:06
やまそだちさん こんにちは。
雑木林は春から秋まで長いこと楽しめますね。春先の林床は植物が豊富で、特に手入れの行き届いた雑木林は素晴らしいものがあります。
定年は普通60歳ですから、その年齢に達した方たちは、という意味で書いたので、みかんはまだまだ現役で頑張るつもりです。携帯写真家に定年はない。
みかん
2007/11/18 16:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
どんぐりシリーズB  コナラ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる