みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS どんぐりシリーズA  スダジイ

<<   作成日時 : 2007/11/05 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像画像
























   シイの実拾いをした経験がある人も多いことでしょう。

   この実は食べられます。

   炒ると香ばしいですが、生でもおいしい。

   でも、そんな経験がある人は、きっとある程度の年配の方だろう。

   最近の子供達は、食べるためにこの実を拾うことはないようだ。

   若い世代の親達は、食べることを禁止さえする。

   自然の恵み、自然からの贈り物、私はありがたく頂戴する。

   
画像
画像























   不規則に裂けてポロポロと落下するが、中には殻斗ごと落下しているものもある。

   果実はどんぐりとしてはとても小さい。

   その小さな実を歯でカチッと割って、中の白い部分を食べる。

   思い切り噛むと身もつぶれてしまうので、歯で噛む時の力の入れ具合をほどよくしないと

   食べられる部分が少なくなってしまう。

   北海道や東北で育った人には馴染みの少ないどんぐりだが、本州の中部以西や

   四国、九州で育った人は、きっと何かしらの思い出を持っていることだろう。

   
画像










   私は群馬県の山間部で育ったために、シイの実拾いをした経験がない。

   スダジイの実をはじめて口にしたのは、大人になってからだった。

   神奈川県に住んでいた時に、神奈川の名木100選、の選定委員を任命されて

   何度も会議を重ねて県内の名木を100本選び出し、その写真集を作ることになり

   撮影も依頼されてしまった。

   2年間をかけて県内の100箇所を回り、豪華な写真集が完成したが、その名木の1本に

   スダジイがあったのである。

   推定樹齢350年という見事な大木で、毎年アオバズクが巣をつくり雛を育て、椎の木音頭

   の樹としても広く親しまれていた。

   この樹が秋になるとぽろぽろと大量のシイの実を落とす。農家の前庭にあるため、その

   家のご主人が、どうぞ、と言ってシイの実を差し出したのである。

   私はそれまでスダジイの実が食べられる、ということさえ知らなかったのである。

   面食らったが、食べ方を教えてもらい、歯でカチッと割って香ばしい木の実を味わったの

   である。

   その大木のスダジイは、写真集の最初のページを見開きで飾っている。







   (画像はいずれも2007.10.30 愛知県武豊町の運動公園で)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
熊本育ちのかげろうはシイの実が懐かしいです。子供の頃は先輩たちの後ろを追いかけながら・・・シイの実を採りに行きました。鍋で炒ったシイの実は香ばしくて美味しかったです。
こちらへ来てから、主人に聞いたら、シイの実は知らないと言うのです。(~_~;)
かげろう
2007/11/06 03:35
みかんさん、かげろうさん、こんばんは。シイの実は小学生の頃に、学校からの帰り道に拾いながら帰り、家に帰って炒って食べていました。ちょびっと塩を振るとなお、おいしいです。先日、散歩途中でトッキー(息子1歳半)にシイの実を食べさせたら、気に入ったらしく、それ以来マテバシイもコナラもアベマキも茶の実も齧るようになってしまいました・・・。もう、虫が入っていても、中身なスカでもとりあえず齧っているようです。野人です。
藤猫
2007/11/06 21:45
かげろうさん 今晩は。
シイの木がない地域で育った人は、果実を見ても食欲は湧かないようですね。私もはじめての時は「エッ、こんな小さな実をどうして食べるの」と思いましたよ。でも最近は季節が来ると数個は齧ってみたくなります。
みかん
2007/11/06 22:55
藤猫さん 今晩は。
トッキー君たくましく育っているようですね。自然の恵みを素直に享受できる大人に育って欲しいものです。身の回りから四季を感じることができるって、
とても素敵なことだと思います。都会で育った子供達は、ある面、可哀想です。野生のものを口に出来るって、恵まれた環境があればこそです。
みかん
2007/11/06 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
どんぐりシリーズA  スダジイ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる