みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS シラタマホシクサ

<<   作成日時 : 2007/10/02 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像






   東海丘陵要素の代表的な植物です。

   伊勢湾周辺の愛知、岐阜、三重、それと静岡県の一部に分布します。

   地味なホシクサ科の中にあって、白い金平糖のような花は、群生することと相まって、

   湿原ではかなり目立つ存在です。

   下の画像は産地として有名な、葦毛湿原の今年の開花状況です。

   画像










   


   

   




   ここは山から涵養される細い流れによってできた、チャートの上に成り立っている湿原

   です。規模こそ小さいものの、湿原植物の宝庫で、この日も、ミミカキグサの仲間は

   日本に自生する4種類すべてが見られました。この季節は、やはりシラタマホシクサが

   目的の方が多いようです。

   流れに沿って生えるので、花の群生は水の流れを知らせています。さながら白い天の川

   のように見えませんか。

   ところが、このシラタマホシクサですが、年々規模が小さくなっています。ノリウツギや

   イヌツゲなどの樹木の侵入、ヌマガヤなどの繁茂によって、年々その規模が狭められて

   います。山から涵養される水源が細くなったりの影響も見られます。

   かつての葦毛湿原の群生を知る人は、少しガッカリするかも知れません。

   周りの植物の侵入を阻止するために、守る会によって樹木の伐採や草刈りなども行われ

   ていますが、遷移の進行はくい止められていないようです。もっと積極的な関わりがあっ

   ても良いように思います。

   画像画像





















    シラタマホシクサに似ているものとしては、シロイヌノヒゲがある。やはり湿地に生えるが

   混生することはないようである。ひとつ気になる植物が宮崎県にあって、流れに浮遊しな

   がらシラタマホシクサそっくりの花を咲かせる。まだ研究されておらず、名前も付いていな

   いが、個体数が極めて少ないだけに、絶滅してしまわないか、はなはだ気がかりな植物

   なのである。

   
   画像左は、木道のすぐ脇で見ることができるシラタマホシクサ。右はそれを携帯で撮影中

   の私であるが、この画像にはいわくがある。

   撮影したのは、葦毛湿原のホームページでお馴染みの吉田 豊氏である。彼は豊橋ボタ

   ニスト倶楽部の中心的メンバーの一人で、月に1度、植物の勉強会を彼等と行っている。

   このシラタマホシクサの撮影も、その勉強会での1コマなのである。仲間内だけで見られ

   るメーリングリストに、この画像はスクープで載った。

   タイトルはケイタイ写真家、銀塩の修理も不可能になったので、日本初の携帯写真家に

   転向か、という内容で・・・・。そしたらすぐにレスがついた。

   こんなに皆に撮られていたら、スクープなんかじゃありませぬ、だそうな・・・・。

   押すだけ、の写真家だけには、なりたくないけれど。


         (画像はいずれも2007.9.24 愛知県豊橋市の葦毛湿原で)

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
シラタマホシクサ、9月1日に葦毛湿原にお邪魔したときに、初めて見ました〜。
でも10月の方がもっとたくさん咲いているのですね。
私が行ったときには、葦毛以外の湿原の方が、シラタマホシクサに関しては密度が濃くてきれいでした。1ヶ月違うとまた様子も違っているのでしょう。

ヒメミミカキグサが咲いていたのに、見つけられず、残念至極です。
来年、また見に行きま〜す。

ところで、日本初の携帯写真家さん、大スクープ写真ですね(^^)
Yasuko
2007/10/03 00:16
Yasukoさん 今晩は。
シラタマホシクサは10月末でもなかなか綺麗ですよ。
私は狐色に枯れた湿原で見る方が好きです。
ヒメミミカキグサはどこに生えるか、知っている人が案内でもしてくれない限り、ひとりで探すのは無理です。そのくらい小さなものです。
みかん
2007/10/03 23:50
みかんさん、こんにちは。
私の画像をご利用いただき嬉しく思っています。
ケイタイでの撮影スタイルも流石にさまになっていますねぇ〜。(^^;;

Yasukoさん、はじめまして。よっちゃんこと吉田です。
「いわゆるひとつのけいじばん」ちょくちょく拝見させていただいています。
葦毛湿原へお越しになったようですね。是非またヒメミミカキグサを見に来てください。
よっちゃん
2007/10/04 22:40
みかんさん こんばんは!
Mさんの掲示板でオハグロスゲを教えていただきました。
シラタマホシクサを9月30日に見に行きました。ほんとにきれいですね。
でも、なかなか撮り方が難しい花です。
「白い天の川」撮りましたよ。
10月末、行きたいですね。

Yasukoさん、よっちゃん こんばんは! お世話になっております。
今年2回ヒメミミカキグサにチャレンジしましたが、満足な写真は撮れていません。Yasukoさん、来年はお互いに頑張りましょう。
t-yam1
2007/10/05 22:26
吉田さん 今晩は。
早速に画像使わせていただきました。
ありがとうございました。
みなさん、葦毛湿原の主はこの方ですよ。
覚えておいてくださいネ。
「花かおる 葦毛湿原」という本の著者でもあります。
葦毛湿原散策にピッタリのガイドブックです。
彼のホームページから購入することができます。
みかんのお奨め本の一冊です。
みかん
2007/10/06 01:41
t-yam1 さん ようこそお越しくださいました。
みかんの携帯いい加減劇場でもありますが、楽しんでいってください。
葦毛湿原に来られたのですね。しかも2回もヒメミミカキグサにチャレンジするとは、さすがです。私もこの時撮影しましたが、時期が遅かったせいか
キレイに咲いてはいませんでした。
さすがにヒメは携帯では無理ですね。
今年はミカワシンジュガヤが大豊作でした。
また遊びに来てくださいね。
みかん
2007/10/06 01:51
こんばんは、Yasukoです。葦毛湿原と言えば吉田さん、吉田さんと言えば葦毛湿原、お名前はよくよく存じ上げています!私のコメントにレスをいただきありがとうございました。「花かおる葦毛湿原」はもちろん持っていますとも!それを見てヒメミミカキグサも探したのですが、見つけられませんでした(;_;)来年は是非葦毛の主さまとご一緒したいものです。
Yasuko
2007/10/11 16:31
Yasukoさん 今晩は。
昨日今日と吉田さんと一緒でした。ヒメミミカキグサの頃に是非ともお越しくださいとのことでした。葦毛湿原に限らず、豊橋周辺は、魅力的な場所がたくさんありますよ。
みかん
2007/10/14 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
シラタマホシクサ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる