みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS キイジョウロウホトトギス

<<   作成日時 : 2007/10/23 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像








   紀伊半島の代表的な花といったら、やはりこちらでしょうか。

   道路脇の金網の中から身を乗り出して咲いていました。

   でも、これではねえ。

   画像画像



























   やっぱり興ざめでしょ。

   どこも道路わきは落石防止のための金網が張られています。

   目の前で咲いていた場所もあったのですが。

   画像画像


























   なんとか金網を隠して撮ろうと思ったのですが、なかなか思うようになりません。

   やっぱり金網が邪魔です。

   それで、探して探して、山の中へ・・・・・・

   そしたらありました。

   画像





















   車も滅多に通らない山の中の、とある沢。

   でも花が貧弱、オマケに咲いている場所が高くて近づけない。

   ここもあきらめました。

   本来の自生地は、水が滴るような岩場に生えます。そこは当然、人が近づけないような

   場所です。下の画像が自生地の姿です。

   
画像









   スゴイ場所に生えているでしょ。近づきたくても、これは無理です。

   望遠レンズを使うという手もありますが、ケイタイにはそれほど立派な機能はついていま

   せん。でも みかんが使っているケイタイには、マックスズームというのがあって、それを

   使って撮ったのが山の中での画像です。でも、ピントが甘いのよね。役にたたん。
   
   (この上の上の山の中の画像はパソコンで少しシャープネスをかけてます。)



   ところでおさらい、キイジョウロウホトトギスは四国にあるジョウロウホトトギスにとても良く

   似ています。撮影場所でも区別できるけれど、花びらの中の模様を見ると、模様の付く位

   置が微妙に違います。ジョウロウホトトギスは中の模様が花びらの縁までありますが、キ

   イジョウロウホトトギスは下の画像のように、花びらの縁に黄色い縁取りがあるのが特徴

   です。ごめんなさい。花びらの一片を外しました。

   画像画像

























   採集されて個体数が減っている植物ではありますが、花の季節に自生地を訪ねれば

   国道脇でも見ることができます。

   金網が邪魔ではありますが・・・。

   それなので、側に近づけて、なおかつ金網なんかない自然の場所を探すわけです。

   
画像









   時間をかけて、動物的勘をフル稼働させれば、そんな場所もないことはないのですが

   上の画像、写ってはいませんが、はだしになって沢の中で撮ってます。背中が濡れてい

   るのは、上からポタポタと常に水滴が落ちている場所なのです。こんな場所で頑張って

   いるのですから、ケイタイの遊び画像ではなく、本業に精をだしています。

   この時の写真は機会があれば、いずれまた。


   (画像は2007.10.10 紀伊半島で、私の画像以外はすべてケイタイでの撮影)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
まいりました。
金網はあるけど、キイジョウロウホトトギス、こんなにたくさん花がついて、壮観ですね。
ほんとに金網、無粋ですよね。
でもさすがみかんさんです。
このページにアクセスしたとき、思わず、
おおーと感嘆の声を上げてしまいました。

いつか私も見に行きたいよ〜。
Yasuko
2007/10/23 00:28
キイジョロウホトトギス、綺麗ですね。会いたくても無理なのはわかっていますので、画像で楽しませて頂きました。でも後ろ姿はどなたが写したのかしら?
紀伊の国は遠くて・・・・若い頃、日根野にいた事がありますが、和歌山との境の山へ散策しただけ。まさか関西空港が出来るとはその時は思ってもいませんでしたが。
かげろう
2007/10/23 01:12
Yasukoさん おはようございます。
キイジョウロウホトトギスは絶滅危惧植物ですが、まだ個体数は結構あると思います。人が近づけない場所に。でも、かつて生えていた手の届く場所のものは盗掘されていましたし、今回も金網の中にもぐりこんで、脚立を使って花を切っている旅館の人と思える人がいたのには、ガッカリしました。
みかん
2007/10/24 07:35
かげろうさん おはようございます。
自生地を見ることは大事ではありますが、見るとガッカリすることも多いので、案外写真で楽しむ方が良いかも知れません。今回は道路工事中で、行きたい場所に行けない、というアクシデントもありましたが、それなりに楽しめました。親切な地元の人にも巡り会えましたし。後ろ姿は友人がデジカメで知らない間に写していたものです。
みかん
2007/10/24 07:43
うわ、いいですねやっぱり上臈は。去年、半日だけ紀伊半島をまわって探しましたが私も4箇所見つけました。手の届かない場所ばかりでしたが、自生地の環境を含め、その神々しさに当てられてしまいました。キノクニスズカケやタニジャコウソウなどにも会えたのもいい思い出です。前回はこの花ばかりに関心が行っていたので次回は野菊の仲間も見に行って見たいものです。
すや
2007/10/24 09:09
すやさん こんにちは。
やはり上臈と言われることだけのことはありますね。今年は花の時季はバッチリだったのですが、行こうと考えていた場所に、道路工事の時間制限があって行くことができませんでした。紀伊半島は何度訪ねても素晴らしい。今年になって、やっとシソバウリクサを写すことができました。
みかん
2007/10/25 12:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
キイジョウロウホトトギス みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる