みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤノネグサとアキノウナギツカミ

<<   作成日時 : 2007/10/18 10:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像画像





















   稲刈りがはじまる頃にどちらも花盛りを迎える水田雑草。田んぼの中よりも、水田脇の水

   路や溝に生えることが多い。放棄水田などでは、一面に茂る。

   どちらもタデ科タデ属。ただボーっと眺めていると、違いに気がつかないかも知れない。

   でも、しっかり観察すると、はっきりと違っていることに気がつく。

   咲いている花に出会ったら、花だけではなく、葉や茎などもしっかりと見る習慣をつけよ

   う。10倍から20倍のルーペを持参すると、楽しさが倍加する。

   ベテランになると、両種は花の形や花序(花のつき方)だけでも区別できるが、初心者に

   は無理というもの。それではどうするか。

   葉をしっかりと見ましょう。下の画像の左がヤノネグサ、右がアキノウナギツカミです。

   画像画像





















   違いのポイントは葉の基部(つけ根の部分)です。

   ヤノネグサの葉は水平(植物用語では切形という)ですが、アキノウナギツカミは矢じり形

   をしています。ほらっ、違いがわかったでしょ。

   ただ気をつけなければならないのは、ヤノネグサの葉は切形が多いものの、時々ハート

   形をした葉も混じることです。1枚の葉だけではなく、同じ茎についている葉を何枚かは

   見るようにしましょうね。

   植物の上級者には托葉鞘の違いがわかるように葉を写しています。

   ヤノネグサの葉は小さいですが(3〜8センチ)、アキノウナギツカミの葉は細長く(5〜10

   センチ)大きいのも区別点です。

   

   次にルーペを使いましょう。茎を見てください。アキノウナギツカミには下向きのトゲがびっ

   しりと生えています。肉眼でも見ることができます。こんなトゲが生えているのですから、

   ズボンに触れるとバリバリとします。肌に触れると痛いです。こんなにトゲが生えているの

   で、ヌルヌルするウナギでもつかめてしまう。というのが語源です。夏に花が咲くウナギツ

   カミに対して、秋に花が咲くのでアキノウナギツカミという名前がつきました。

   
   次にヤノネグサの茎をルーペで見てみましょう。つるつるしていてトゲは見当たりません。

   実体顕微鏡レベルでは下向きのトゲがあるらしいのですが、10倍のルーペレベルでは

   トゲは見えないことの方が多いです。ついでに花柄(花の首の部分)を見てください。

   先端が丸い球になったような腺毛(せんもう)が見えるはずです。

   アキノウナギツカミは無毛です。

   両種は同じ場所に混じって咲いていることも多いので、見比べてください。そうすれば

   次回からは迷わずに名前がわかるようになるでしょう。

   画像画像




















   上の2枚がヤノネグサの組み合わせ、下の2枚がアキノウナギツカミの組み合わせ


   

画像画像



















   (画像はいずれも2007.10.16 愛知県武豊町の水田脇で撮影)

    画像をクリックすると画面が大きく見やすくなります。

   

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん、こんばんは。Yasukoです。

キハギとヤマハギの違いもとても勉強になりましたが、
アキノウナギツカミとヤノネグサをこんなにわかりやすく解説してくださっているものを他では見たことがありません。
感動です。
私がこれまで意識して見て来たのはアキノウナギツカミですが、
気づかずにヤノネグサと混同していたのかも。

アキノがつかない、夏に花が咲くウナギツカミがあることも初めて知りました。
それでアキノだったのですねー。

みかんさんのブログを毎日拝見していると、植物に詳しくなって、
もっと植物が好きになりそうです。
ただでお勉強させていただいて、いつもありがとうございます。
Yasuko
2007/10/18 18:09
Yasukoさん 今晩は。
お節介かなぁ、と思いながらもこんなブログになりました。
私の植物観察会では、こんな風に説明しながら違いを教えています。
今月の豊ボタの勉強会で、水田の土手にあったヤノネグサをアキノウナギツカミと勘違いした人がいて(すぐその場で気がついたのですが)、思い立ってこんなブログを作ってみました。自分が復習する意味もあるのですよ。
みかん
2007/10/18 20:38
みかんさん、こんばんは!
ウナギツカミはミソソバを小さくして、棘が沢山ですよね?
家の周りで咲いていたのが・・・ウナギツカミとは違うし、棘は痛いくらいにあるのに何??と思っていたら、アキノウナギツカミのようです。
(↓のサデクサを探していたのですが・・・。)
有難うございました。m(_ _)m
かげろう
2007/10/19 02:10
かげろうさん おはようございます。
お役に立てたようで何よりです。ミゾソバの華やかさと比べるとアキノウナギツカミはとても地味ですが、側に近づいて花を見ると、やはり可愛いですよね。
みかん
2007/10/19 09:49
みかんさん、こんにちわ(^o^)/
やーっとすっきりしました。ありがとうございました!
コレで次回からは迷わずに同定できるぅー!
明日からの田んぼ歩きがたのしみです。
shuku
2007/10/19 12:10
shukuさん こんちは。
上級者のshuku さんに喜んでもらえるとは思ってもみなかった。こっちがウッソーと言いたい気持ちです。お世辞でも嬉しいですよ。やっぱりたまにはお節介のブログも作ってみよう。
みかん
2007/10/20 12:42
こんばんは。
ヤノネグサの変な株を見つけました。ヤノネグサの葉っぱって付け根は写真で紹介されているように「矢の根」じゃないにしても平たいですよね。今日見たヤノネグサ?はトンガリから丸でした。これを家で育ててみようと掘り起こしてきましたが、根っこがプツンと切れて・・・・。ただ今メネデールに漬けて元気になるのを待っています。
ぽんぽこ
2007/10/20 19:50
ぽんぽこさん 今晩は。
相変わらず頑張ってますね。ヤノネグサの葉は結構変異は多いですよ。特に茎の基部近くでは丸い葉や尖った葉が出やすい傾向があるようです。
みかん
2007/10/20 22:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤノネグサとアキノウナギツカミ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる