みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アイナエ

<<   作成日時 : 2007/10/01 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像







   随分と小さな花です。

   花の直径は3ミリもありません。

   草丈は5〜15センチ。湿り気のある場所に生えますが、そこに花があることを確信して

   見ないと、気が付かないような小さな植物です。

   マクロレンズがあれば、小さな花を接写することは、それほど難しくありません。

   ですが、私が今挑戦しているのはカメラ付きの携帯電話なのです。

   はたしてこれでどこまで撮れるか、カメラマンの意地で挑戦してみました。

   最近気が付いたのですが(説明書をよく読んでいない)、SH903i には、撮影メニューの

   AFモードに接写という欄がありました。これに設定して挑戦です。

   当然のことながら結果は良くありません。

   画像がなんとか見られるのは、撮影対象の株を厳選し、花が浮かび上がるような位置に

   持ってきて、散漫になる画面をごまかしているだけなのです。

   

   この日の目的はイッスンテンツキでした。

   残暑が厳しく、汗びっしょりで、目的の植物が生えている場所に行き着いた頃には

   もう、かなりバテバテでした。

   そこでまた、高さ5センチほどの、なんとも地味なカヤツリグサ科に挑戦です。

   名前の一寸が示すように、なんとも小さな植物なのです。しかもイッスンテンツキは

   絶滅寸前の非常に数が少ない植物です。

   おそらく現物が見られるのは愛知県だけでしょう。しかも現存が確認されているのは

   2箇所だけです。もちろん銀塩カメラでしっかり撮影しましたよ。

   膝をつくと水がにじむ湿地ですから、先ずタオルを丸めて膝宛にして、右肘を地面につい

   て腹ばい状態になります。実際は湿地なので腹を浮かせた不自然な姿勢です。

   手ぶれ防止がついているとはいえ、安定感は良い写真を撮るための第一条件なので

   す。銀塩カメラでは三脚を使いますが、携帯撮影は、すべて手持ちで撮影しています。

   こちらは、ピントは甘いものの、マァマァの出来ですかね。水面の反射をうまく利用した

   ところが成功の鍵ですかね。

   携帯でこんな小さなものを写す、ということはメーカーにしてみれば想定外のことなのでし

   ょうが、デジカメを持っていないみかんは、これからも挑戦していくつもりです。

   画像























   (画像はいずれも 2007.9.22 愛知県の蛇紋岩地にて撮影)

   

   

   

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
アイナエみたいな小さい花を、こんなにきれいに携帯で撮影されるなんて、さすがみかんさんですね!こないだ、一眼デジカメのマクロレンズで挑戦したけど、惨敗でした(;_;)
草に埋もれていて、下の葉まで写すことができませんでした。
Yasuko
2007/10/03 00:12
小さな花は難しいですね。
銀塩カメラで撮影したものもダメでした。
使えるような画像にするには、よほど条件が良くないと
うまくいきませんね。
みかん
2007/10/03 23:53
先日、愛知県の植物写真撮影家のホームページのイッスンテンツキの写真が、日本のレッドデータプランツのイッスンテンツキの写真とは全く異なることに気づきました。そこでカヤツリグサ科第一人者、勝山先生に確認申し上げたところ、テンツキの同定間違いであることがわかりました。今回、私が間違いに気づけたのは、みかんさんの分かりやすい写真のおかげでした。心から感謝申し上げます。
どうぞこれからも植物の正しい写真を世に出し続けてください。
学生
2016/10/27 19:13
学生さん 今晩は。
こんな古いブログにようこそ。
コメントに気がつくのが遅く、今頃のコメント返しになり失礼しました。
カヤツリグサ科は私も苦手な分野で、今でもしっかりと同定できる自信がありません。ですがイッスンテンツキのように、毎年のように見ているものは、これだ、と言える確信のようなものがあります。数多く見ることが自信につながるのだと思います。1本よりも10本、10本よりも100本、というように見ていくと、個体差のようなものにも気がつくことができます。
もし間違いに気がつかれましたら、遠慮なく進言してください。これからもヨロシクお願いします。
みかん
2016/11/04 16:12
カヤツリグサ科は、本当に難しいです。あの後何人もの愛知の方から、色んなイッスンテンツキだという写真が出てきて、どこがどう違うか、説明するのが大変でした。カヤツリグサに興味の無い人にとってみれば、どうしても全部同じに見えてしまうようです。

私はまだまだ修行中ですが、これから頑張って
分類を勉強します。

また私のブログに撮影されたいものがありましたらご連絡下さい。
学生
2016/11/06 04:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
アイナエ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる