みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ケチョウセンアサガオ

<<   作成日時 : 2007/09/05 12:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像画像



  







  






                           チョウセンアサガオ属は、熱帯から暖温帯に約24種が自生する。エンゼルトランペットなど

  の愛称で親しまれ、花が下向きに咲くキダチチョウセンアサガオ節と、花が上向きに咲く

  チョウセンアサガオ節に分けられる。

  チョウセンアサガオは、江戸時代中期には曼荼羅華と呼ばれた。華岡青洲はこの花を集

  め「通仙散」という全身麻酔薬を作り、世界初の乳がん摘出手術に成功した。

  
  ケチョウセンアサガオは、その名の通り、全体に短い毛が密生しているのが特徴。特に

  葉裏にはびっしりと毛が生えていて、触るとビロードのような触感がある。

  高さは1メートル以上になる。花は大きく直径が10センチ以上もあるので、よく似たヨウシュ

  チョウセンアサガオの5センチほどの花とは、ひと目で区別できる。左の画像の花は直径

  が14センチあった。(2007.9.5 愛知県半田市で午前7時25分に撮影)

  花は夜に咲き、朝、太陽が昇るとあえなくしおれてしまう。

  また、ヨウシュチョウセンアサガオとは、葉でも区別はたやすい。右の画像はケチョウセン

  アサガオの標準的な葉だが、形は卵形で全縁である。まれに浅い波状の鋸歯が出るもの

  もあるらしい。

  これに対し、ヨウシュチョウセンアサガオの葉は、縁にとがった鋸歯があり、無毛なので

  つるっとした感じがある。葉裏にはまばらに毛が生える株もある。茎が緑色で、花が白い

  ものが基本だが、園芸的に品種改良されて、茎が紫色、花が淡紫色のものも逸出してい

  る。両方とも、アルカロイドを含む猛毒植物である。

  ケチョウセンアサガオは原産地が北アメリカのため、アメリカチョウセンアサガオと呼ばれる

  こともある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん、こんばんは。鎌倉の宮本です。いつもお世話になりっぱなしですが、とても感謝しています。さっそく、おじゃまさせていただきました。
チョウセンアサガオのたぐいは、園芸の分野ではもっぱらダチュラとと呼ばれていますが、ケチョウセンアサガオの場合、キダチチョウセンアサガオほど大柄ではなく、ほどよいサイズなのが、観賞用にはもってこいのようです。
ユウガギクのところで紹介のあった「秋の野草」、わたしが植物の写真を撮影するきっかけとなった本の1つです。もう10数年前のことですが、懐かしく思い出しました。このシリーズの「春の野草」に触発されて、ベニバナヒメイワカガミを見ようと箱根まで出かけたものです。
みかんさんが1眼レフではなく「写メ」で植物を撮っているごようすは、想像するとなんだかほほえましく感じてしまいます。そうそう、新作を拝見したく、ときどきおうかがいいたします。またの更新を楽しみにしています。
宮本
2007/09/06 00:50
宮本さん こんにちは。
宮本さんのホームページには、毎日のようにお邪魔しています。
撮影で長く出掛ける時は別ですが。
それにしても宮本さんの所まで知れ渡ってしまいましたか。
なんだか恥ずかしいですね。
このブログは散歩気分で、気ままに書いています。
本業の銀塩とは、全く別の感覚で、ですから画像もかなりいい加減です。
何せ使っている物が物ですから、アハハ・・・・
お暇な折に、また遊びにきてください。
みかん
2007/09/06 10:11
みかんさん、こんにちわ(^o^)/
ブログ開設(ひと月)、おめでとうございます!
ケチョウセンアサガオは以前居たところでよく目にしておりました。
車で走っていても、その毛深さ、柔らかそうな葉の雰囲気が解りますね。
お花はじっくり見たこと無かったのですが、こんなにやさしい顔をしていたのですね(*^.^*)

ブログの写真はすべて携帯での撮影なのですよね!?
うーーーきれいッ! shukuも携帯を新しくしたのですが、以前より写さなくなりました。最近新しいのを覚えるのが億劫になって。。。でもちょいと頑張ってみようなか。
shuku
2007/09/06 11:17
ワッ、ワッ、shukuさんまで見に来てくれたの。
恐縮です。
知ってる人に見られるのは、なんとなく恥ずかしい。
ここは、全くの遊び気分、植物の好きな人が
増えてくれればいいな、と思ってやってます。
いつまで続くかが問題ですが。
なるべく植物用語を使わずに、やさしく解説しようと心がけています。
今日でちょうど1ヶ月、これから種明かしを・・・・と考えています。
みかん
2007/09/06 17:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
ケチョウセンアサガオ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる