みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 表紙の花について

<<   作成日時 : 2007/08/07 18:16   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像画像

  




















  標高4500メートル付近に自生する
  
  レウム・ノビレ です。
  
  ヒマラヤを代表する高山植物です。
  
  高さは、大きなものでは2メートル近くに成長します。
  写真の株で1メートル70センチほど
  
  温室植物と呼ばれることもあります。
  と言うのは、外からは花が見えないのです。
  クリーム色の白菜のような葉をめくると
  その中に白い小さな花がたくさん咲いています(右画像)
  
  これは厳しい環境に生きる植物の知恵で
  外気温とクリーム色の葉の内部とでは
  5度近くの温度差があります。
  
  花を保護する役目と
  虫たちに効率よく受粉を手助けしてもらうための
  植物の知恵なのです。
  
  ちなみに、この大きな葉ですが
  緑色の部分はさわやかな酸味があり
  生で食べられます。  

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん こんにちは。
私のブログでアドバイスをしていただき,ありがとうございました。
このチベットの大きな花は図鑑でしか観たことがないんですけど,すごいですね。ヒマラヤの高山では,ちっちゃな方向に変化するものと大きな方向に変化するものとがあると図鑑には書いてありました。この植物は大きなほうに変化して現在の姿になったのでしょうね。
ヒマラヤまで行くのは無理なので,実物を目にする機会を得ることはできないと思います。のみならず,日本のホームページやブログなどでしっかりとした写真をみつけるのは難しいだろうと思っていました。
このブログでとても綺麗な写真を見せていただき,嬉しいです。ありがとうございました。
電脳中年A
2007/08/23 11:59
電脳中年Aさん 早速にお越しいただきありがとうございます。
メカにまるで弱いみかんなので、今後Aさんに色々とご指導いただくことも出てくると思います。今後ともよろしくお願い致します。
みかん
2007/08/23 12:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
表紙の花について みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる