みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS チダケサシ

<<   作成日時 : 2007/08/27 18:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

 

  名前の起こりは、乳茸というキノコをこの植物の茎に刺して持ち帰ったことに由来する。

  チチタケとは傘がオレンジ味を帯びて、傷つけると白い乳液が出る食用のキノコのことであ

  る。現在では、そのようなことは行われているとは考えられないが(キノコ採りの人たちは

  皆カゴを背負ってゆく)、ふと出会ったキノコ3つ4つ刺して持ち帰るには、格好の茎の硬さ
  
  である。名前の語源を知った時に、妙に納得できたことを思い出す。

   野の花は、いよいよ秋の花へと移り変わってゆくが、キノコの良いシーズンに突入でもあ

  る。毎年のようにキノコの食中毒の記事が新聞を賑わすが、知らないもの物には手を出さ

  ない。口に入れない。ましてや、図鑑との絵合わせで採集はしない。これが賢い人の利用

  法でもある。私は好んで食べるスギヒラタケでさえ、最近は毒キノコ扱いである。

                             (2007.7.31 山梨県清里で)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
みかんさん こんばんは
私は田舎育ちなので,父からいろんなキノコを教えてもらいました。食べられるキノコ,美味しいキノコ,毒キノコ・・・
そのおかげで,山を歩いていてもだいたいのことは分かります。しかし,どちらなのかよく分からないものには絶対に手を出しません。危なすぎます。(笑)
普通の植物でも結構変異や個体差が激しく,図鑑どおりではない場合が少なくないですよね。キノコだともっとそうです。若い頃から自然に慣れ親しんでいない人が定年になってからいきなりキノコに手を出したりすることにはあまり感心できません。
電脳中年A
2007/08/27 21:26
Aさん 今晩は。
よく知らないキノコに手を出すのはほんとにキケンです。
最も多く食中毒例のあるツキヨタケですが、このキノコと
シイタケを間違えるなんて私には信じられませんが、素人
には同じもののように見えるようです。
私だったらツキヨタケとムキタケが一緒に生えていても
絶対に間違うことはありません。
ともかく知らないものには手を出さないことが一番
ですね。ムキタケも好きなキノコのひとつです。
みかん
2007/08/28 02:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
チダケサシ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる