みかんの花日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オオイタドリ

<<   作成日時 : 2007/08/19 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



  本州の中部地方以北に自生するオオイタドリは
  高さが2メートル以上になる壮大な草です。
  
  大きなものでは3メートルを越すものも珍しくありません。
  こんなに大きく成長するのに、なんと数ヶ月なのです。
  雪が解けると、大地から赤黒い、太い芽がニョキニョキと芽生え
  それが、あれよあれよという間に、2メートルにも成長するのです。

  普通は山地の川や沢沿いの水辺に生えますが、
  北海道などでは、海辺にちょっとしたジャングルのように茂ります。
  
  今頃から花が咲き始めますが、この草は雌雄異株で
  雄株と雌株では、ちょっと雰囲気の違う花が咲きます。

  さて、画像はまだつぼみが多いのですが、
  どちらか、わかりますか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
オオイタドリは礼文島で始めて見た時に、その大きさにビックリしました。礼文ではフキもジャンボサイズだったのを思い出しました。
この花は上向きで咲いているから雄花かな?
ぽんぽこ
2007/08/19 22:55
ぽんぽこさん 今晩は。
レスありがとうございます。
利尻や礼文では海岸草原の代表的な植物ですね。
巨大になることの他に、葉裏が銀白色になるのもオオイタドリの特徴です。
花の最盛期には、雌花よりも雄花の方がよく目立ちますね。
画像は田沢湖高原で撮りました。
お暇な折にでも、また遊びに来てください。
みかん
2007/08/20 00:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオイタドリ みかんの花日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる